顔だけじゃない!首のシワを予防して、若々しい印象をキープしよう

顔のお手入れは普段皆さんがされていると思います。ですが、首のお手入れに関してはいかがでしょうか?顔も首も一枚の同じ皮で繋がっているので、もちろんスキンケアが必要なんです。「手と首は年齢を隠せない」といわれているように、首は若さのバロメーターです。顔のお手入れだけでなく、首もお手入れして、シワのない綺麗な若々しい印象をキープしましょう。今回は首のシワ予防のための方法についてまとめました。

首のケアの重要性について



出典:jp.pinterest.com


首はよく動くのでシワになりやすいんです。

あまり知られていませんが、首の皮膚は目もとと同じくらい薄いのだとか。また、その上うんうんと頷(うなず)いたり見上げたり振り返ったりとしょっちゅう動く部位のため、シワができやすくなってしまうそう。


また、女性ホルモンの低下でハリを保つコラーゲンやエラスチン、瑞々(みずみず)しさを保つヒアルロン酸の合成が減るので、顔がたるみやすくなってしまうんです。顔がたるんでアゴのラインが下がってくると、その重さで首の皮膚も押されて下降する傾向がある。すると、元からあった首のシワが更に深く刻まれてしまうのだ。


首にシワができてしまう原因



・首が曲がる姿勢


出典:jp.pinterest.com


ずっと笑っている人に笑いじわができてしまうのと同じで、下を向く姿勢が日常的に長時間続いた場合、しわが跡になってのこりやすくなってしまい、首のしわが作られることがあると言われています。

たとえばデスクワークで下を向く作業が多かったり、高すぎる枕を使ったりしている方などは、しわができやすいと言われています。



・乾燥


出典:jp.pinterest.com


肌が乾燥して水分が不足すると、肌のハリやしなやかさが失われることによって、首の皮膚がたるみやすくなり、しわができると言われています。

また、夏場に首にかいた汗を放置することで乾燥することもあります。汗と一緒に、肌に必要な保湿成分まで一緒に蒸発すると言われているためです。



・紫外線


出典:jjp.pinterest.com


紫外線を浴びすぎることも、しわにつながることがあると言われています。

紫外線を浴びると、肌のハリに重要なコラーゲンやエラスチンがダメージを受けるので、シワが増えたり深くなったりします。また、首のシワが深い場合、シワの溝には紫外線が入り込まない。そうなると、日焼けした部分とのコントラストが出てしまい、逆にシワが目立ってしまうという悪循環になってしまいます。


首のシワのケア方法/予防対策



・定期的にストレッチをする


出典:www.mensholos.com


デスクワークの方は、1時間に一度を目安に、リフレッシュをかねて首を伸ばしてあげましょう。うつむく姿勢によって、シワが深くなってしまいます。手のひらで縦方向になでながら、リンパの流れをうながすマッサージをしつつ、ストレッチをすると効果的です。



・枕の高さを見直す



出典:jp.pinterest.com


1日のうち7時間近く首にシワをつくりながら寝ていると、その形状が定着してしまうそうです。枕は低い方が良いといわれていますが、何よりも枕の位置が重要とのことです。多くの人は枕に頭だけのせて眠っていますが、それでは首を支えられず、シワを寄せながら眠ることになってしまいますので、枕は肩から当てるようにし、首が自然に支えられ、シワができにくくなります。



・首にもスキンケア、マッサージを行う


出典:jp.pinterest.com


首にクリームを塗りながら、首の中央はたるみをリフトアップさせるため、下から上に向かって動かします。首の中心から左側に向かっては、右手で横方向に動かす。右側の首には左手でやるようにします。


首のシワは横にできるので、横方向にマッサージをするのがポイントです。力加減は軽く。皮膚割線に沿って動かせば、あまり力を加えなくても血液とリンパ液の流れがスムーズになり、リラクゼーション効果も期待できます。顔に使っている化粧水をそのまま首にも塗る程度でも充分ですが、市販のコスメで、ネッククリームも最近販売されています。


首のお手入れにこだわりたい方はネッククリームがおすすめです。



首にしわができる原因とその予防策に関して紹介いたしましが、いかがでしたでしょうか。顔のケアやよくやっていても首までやっていない方は多いと思います。この機会に、顔のケアのときに一緒に首のケアもしてしまいましょう!ファッションをより楽しむためにも、きれいな首を維持していきましょう♪

Writer : saki_tks さん
ヨガなどの体の内側から奇麗になる美容にはまっています♪

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking