今年の夏は美白をキープ!今始めておきたいUVケア

あなたはいつからUVケアをしますか? まだ春だからって油断していませんか? 油断してしまっている人は要注意!! 今日は紫外線についてよく知って、正しくUVケアをはじめられるようにしましょう♪

UVケアの大切さをよく知ろう!



出典:weheartit.com


まずは、毎日のUVケアがどれだけ大切で、必要なものなのかをよく知っていきましょう!

もしかして、夏しかUVケアをしていないなんてことはありませんか?

もしそうなら、それは間違いです!

今すぐUVケアをはじめてください!!


UVケアを怠ると、どんな悪影響があるのか知っていますか?

もちろん日焼けはしますが、他にも紫外線にとるダメージは大きく、とても深刻なのです。

紫外線を受けると、肌の表面にある皮脂のバリアが破壊され肌の奥で水分を保っていられなくなります。

そうして肌は乾燥していってしまうのです。


つまり、いくら日ごろ乾燥肌対策をしていても、紫外線からのダメージを受けていては効果が半減して意味が十分に得られないということになるのです!


夏からではなく、紫外線対策は365日必要なものだったのです。


紫外線は3種類あります!



出典:weheartit.com


紫外線には、紫外線A波(UVA)と紫外線B波(UVB)紫外線C波(UVC)の3種類があります。


紫外線A波は、シミ、たるみ、肌の老化を引き起こします。

肌の奥深くまで届いてしまうため、、コラーゲンなどの必要な成分を破壊します。


紫外線B波は、赤く炎症する日焼の原因になります。

メラニンを過剰に発生させる原因になり、そのうちに色素が沈着してシミやソバカスをつくり出してしまいます。


紫外線C波は、もっとも有害な紫外線です。地球温暖化が進み、オゾン層が破壊されたことから地上まで届きダメージを受けるようになりました。

皮膚病などの原因になります。

ですが、日焼け止めは紫外線A波と紫外線B波を防ぐものなので紫外線C波は防ぐことができません。


SPFとPAをしっかり理解しよう♪



出典:weheartit.com


日焼け止めを選ぶ際に参考にしているSPFとPAですが、なんとなく数字が高いほど効果が高い、でもその分刺激も大きいということは知っている人は多いのではないでしょうか。

今回はもっと詳しく知っていただきたいと思います♡


SPFは紫外線B波の防止を表す数字で、数字の大きさに効果が比例します。

日焼けして赤くなるまでの時間をどれくらい遅らせることができるか、という数字です。

例えば、10分で日焼けしている人が日焼け止めSPF50を使用することで、その時間を「50倍に遅らせることができる」という考え方をします。


ちょっとした買い物や外出程度なら、SPF30くらいがおすすめです。

ビーチやレジャーなどでは、SPF50以上のものでしっかり紫外線対策を行いましょう。


次にPAについてです。

PAは紫外線A波から肌をまもるための数字です。

PA+、PA++、PA+++、PA++++の順で効果が大きくなっていきます。

紫外線B波と比較してみると、紫外線A波は、夏の暑くて日差しの強い時期以外にも、1年を通して降り注いでいたのです。


しかも、日差しの強い夏と調度今の時期(春)はほとんど紫外線A波の量は変わらないという恐ろしいデータもあります!

紫外線B波は、10月頃を境に低下していきますが、紫外線A波はあまり変化が見られません。

曇りの日や、室内でも対策が必要です。

この紫外線A波のケアをしっかり一年中していかなければ、綺麗の維持は難しく、悩みの改善の効果もあまり期待できません。


どんなもので紫外線対策をすればいいの?



出典:weheartit.com


顔や体、どちらも使用できるものは多いですので夏におすすめです。


夏以外はどうでしょう?


実は、紫外線対策できる商品はとっても多いのです。

最近では、ファンデーションや下地なども、紫外線対策ができるものが当たり前になりつつあります。

今時期から、紫外線A波はより増えていきますのでケアしていきましょうね♪


化粧水、乳液の後は、UV対策とクリームと化粧下地がひとつにまとまったものもあり、とってもオススメです!



いかがでしたか?

恐ろしい紫外線から肌を守って、気持ちよく夏を迎えちゃいましょう♡

Writer : Gabby さん
人生開拓中のアラサー女子♪

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking