睡眠で幸福度アップ?おすすめ快眠アプリはこれだ!

「春眠は暁を覚えず」という言葉がありますが、皆さんはしっかり睡眠をとれていますか。 今回は、スマートフォンアプリの中でも「睡眠アプリ」をピックアップしたいと思います。

現代人は睡眠不足



出典:jp.pinterest.com


現代人は、本当に寝る時間が短くなってきていますし、良質な睡眠とも遠ざかった生活をしています。

文化文明が進み、色々なモノが発達する中で、睡眠より優先順位の高いものが世の中に溢れてきました。

24時間営業の店舗が増え、インターネットを介して、時間も距離も関係なく世界中の人と繋がることが出来ます。

そんな中で削られてきているのが、睡眠なのです。


いろいろあるぞ 睡眠アプリ



出典:jp.pinterest.com


アプリストアで「睡眠」と検索すると、本当に沢山のアプリケーションがヒットします。

それだけ多くの人が睡眠に関して悩み、関心があるという事ですね。


検索ヒットを見ていくと、睡眠アプリには大きく2種類存在します。

それが「睡眠促進BGM系アプリ」と「睡眠分析系アプリ」です。



・睡眠促進BGM系アプリ


睡眠時に効くとリラックス出来たり、眠りに落ちやすいくなるBGMを提供するアプリです。

BGMもさまざまな種類があり、「森の音・鳥のさえずり・川の流れ・雨音等の自然界の音をBGMにしたアプリ」「ゆったりしたジャズ・ピアノ・オルゴール、等の音楽や楽器の音色の中で睡眠に良いものを集めたアプリ」「睡眠に良い脳波(睡眠に入る際に脳が発生させるという派)、が出やすいように作られた音、(これは音楽の様であったり、音の集まりであったりさまざまなパターンが存在します)」などがあります。

これらの種類が複数混じっているもの存在します。


値段は無料~800円くらいが相場です。

1000円を超えると高級アプリと考えていいでしょう。

基本は無料で、アップグレードの際に課金が必要なタイプもあります。


音に関しては好き嫌いがどうしても分かれるので、まずは無料で利用できるもので音の確認を行う方がおすすめです。始めから課金の場合は、何かしらで音のチェックをしましょう。

寝つきを良くするためのアプリなのに、音が気に入らないせいで寝られないとなると、本末転倒です。



・睡眠分析系アプリ


アプリを起動し、スマートフォンを枕元に置いて寝ます。

すると、音などから寝返りを分析し、そこから睡眠の深さを測定する仕組みです。

アプリを入れた瞬間に、何かしらの測定派が出るというわけではありませんのであしからず。(笑)


寝返りと眠りの深さは深い関係があります。

またレム睡眠とノンレム睡眠の間隔なども考慮に入れて、総合的に判断します。

注意点は、寝返りを音などで判断するので、誤差が生じやすい点です。

細かく正確に測定できるわけではないので、寛大な気持ちで利用しましょう。


ただ、バッチリはまってくれる人もいるようで、全くデタレメでもなさそうです。


睡眠アプリレポ



出典:jp.pinterest.com


・・・というわけで、使ってみました睡眠アプリ。

今回使ったのは「Sleep Meister」(Naoya Arakiさん)というアプリです。


 


無料で使用できます。

音などを元に眠りの深さの測定・それのグラフ化。

起床時間を、幅を持たせて設定し、その幅の中で一番目覚めのいい時間にアラームが鳴る。

寝言の録音。

メモ機能。

行動記録。(アルコール・カフェイン・運動 等、睡眠に関わる事柄に関しての記録機能)

BGM。(BGMを流せるようですが、今回使用していません。(笑))


使用したのは1週間ほどです。

正直、思っていたより使い物になった!という感想を持ちました。


アラームが鳴った瞬間は割とスキッと起きられる印象を受けました。

それなりの効果があったので、何も気にせず1週間とりあえず続いたのだと思います。

アンインストールは特にせず、使い続けようかと思っています。


きちんとレポを書こうと思ったのですが、目覚めの説明や使用感は、なかなか難しいですね・・・。

とにかく使ってみて損はないと思います!

筆者の場合は無料アプリでしたので、何の痛手もありません。



人間は人生の1/3を睡眠に充てています。

その睡眠が、満足にできないのは辛いですよね。

そんな時はアプリに頼るのも1つの手だと思います。

ただし、アプリを始めとしたスマホやPC、タブレットの使いすぎは、変に眼が冴えてしまい睡眠の妨げになるので、程々にしましょうね。

Writer : 冴え子 さん
@好きなこと スキンケア/アロマ/ネイル/お酒/猫/食べること/温泉 自分の好きを、仕事にして生きていきたいなあ。 と思いながら奮闘している、おっちょこちょいです。 キビキビ活発的な、格好いいレディになるには まだまだ精進が必要ですトホホ。 頑張るぞ!

おすすめ記事

Ranking