2017トレンドアイメイクは濡れ感♡あの人の視線はいただき!

目力をUPさせるために、絶対に欠かすことができないのがアイメイクですよね♪ 皆さんは、今年のトレンドをご存知ですか? 2017年も大流行しそうなのが「濡れ感」♡ 今回は、この濡れたようなつやがセクシーなアイメイクをご紹介していきたいと思います♪

うるうると濡れたようなつやで色っぽく♡



出典:ずぅ @xxizumiiixx


ただ色をのせるだけのパウダーアイシャドウもいいけど、できればもうちょっと何かをプラスしたいですよね♪

足したいものと言えば…そう「つや」ですね♪

色っぽくセクシーな顔になれるこの「濡れ感」は、どのように作るのでしょうか?

それでは、色々見ていきたいと思います!


濡れ感メイクにぴったりのアイシャドウを見付けよう!



出典:rnmms2 @rnmms2


つやつやの目元を演出するには、どんなタイプのアイシャドウを使うのか…ということがポイントになってきます。

定番のパウダーアイシャドウで、ラメが入っているものもたくさんありますが、それだけでは「濡れ感メイク」にはつやがちょっと物足りませんよね。


濡れたようなつや感を演出するには、パウダーアイシャドウよりも、クリームタイプのアイシャドウがおススメ♪

しっとりとした感触と密着度の高さで、セクシーな目元を作り上げます♪

パウダーアイシャドウよりも、クリームタイプのアイシャドウで、細かいラメの入っているものを選ぶと、より濡れた感じを作りやすいでしょう。


視線を釘付けにする濡れ感メイクの作り方♡



それでは、濡れ感アイメイクの仕方を動画でチェックしてみましょう♪



では次に、動画の様な色っぽい目元の作り方を、詳しく解説していきたいと思います!


まずはしっかり保湿♪



出典:Kaori Hashimoto @haana0424


潤い感が大切な「濡れ感メイク」は、お肌がカサカサではうまく作ることができません。

メイクを始める前に、化粧水や乳液などで、まずはしっかりとお肌を保湿してあげましょう!

お肌がしっとり潤っていると、アイシャドウの発色も持ちも良くなりますよ♪


下地で密着感UP!



出典:rnmms2 @rnmms2


「濡れ感メイク」に欠かせないクリームタイプのアイシャドウは、パウダーアイシャドウよりもよれたり崩れたりしやすいのが難点です。

ですから、初めに下地をしっかり塗っておくのがキレイに仕上げるポイントですよ!

アイシャドウ用の下地があるので、これを瞼にまんべんなく塗っていきましょう。

肌のくすみも取って、アイシャドウの密着度もUPしますよ♪


お気に入りのアイシャドウを塗りましょう♡



出典:mari @mco.12


下地が塗れたら、次はいよいよアイシャドウです♪

お気に入りの細かいラメ入りクリームアイシャドウを、少しずつ塗っていきましょう。

一度にたくさん塗ってしまうとよれる原因になりますので、気を付けてくださいね♪


涙袋にも…♡



出典:Mari @mari_loves_beauty


瞼に塗ることができたら、最後に涙袋にもうっすらと塗ってあげましょう。

涙袋に塗るのは、ホワイトなどあまり色味のないもので、細かいラメやパールの入っているものにしましょう。

涙袋がつやつやぷっくりしていると、より一層濡れた感じになりますよ♪


ちょっとした工夫で無駄なく♪



出典:あじこいめ @ri_ta84


新作が出る度にコスメを買うのは、正直大変ですよね。

でも、ご自宅にあるものを使うだけで、パウダーアイシャドウが大変身しちゃうんです♪



・パウダーアイシャドウにプラスで…♡


出典:ORION @orion.tan


せっかく持っているパウダーアイシャドウを無駄にしたくない…

という方におススメなのが、これ!

ご自宅にあるワセリンやベビーオイルを、お手持ちのパウダーアイシャドウに少しだけ混ぜて使うという方法です♪

また新たにコスメを買うことなく、今あるもので簡単にできてしまうので、とってもおススメですよ♡



いかがでしたでしょうか?

2017年も大ブレイクの予感がする「濡れ感メイク」について、色々とご紹介させて頂きました♪

うるうるとした目元は、大好きな彼も虜にしてしまう事、間違いなしですね!

ほんの少しの手間と、ほんの少しの工夫で、とっても素敵な目元を作ることができるので、あなたもぜひ、挑戦してみて下さいね!

Writer : mizuki.fukase さん
色々なメイクを試すのが大好きです。最近はセルフネイルにもはまっています。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly