40代からのエイジングケア。必要な成分を徹底解説

アラフォーになると疲れ顔が寝ても取れない、シミやシワが一気に増えた、化粧のノリが悪い…。そんなことを悩んだことはありますか?年齢に応じた化粧水や美容液を使うのも大切ですが、高価な化粧品を使う前にできることがあります。それは食生活を見直すこと。肌に必要な栄養素が不足しているのに、外からいくら補っても意味がありません。今回は40代のスキンケアに必要な栄養素をまとめて見ました。

要注意!食べたものの影響を肌にもろに受ける40代



出典:jp.pinterest.com


40代になると体調や肌質がガラッと変わってしまったように感じる人は少なくありません。活力がある30代の頃に比べ、食べたものや生活習慣がもろに体調に表れるようになります。それが如実に表れるのが「お肌」。つまり食事や栄養素に無頓着だと、肌は乾燥しがちになり、くすみやシミができやすいということ。


若いころは大して何も気にしなくても、肌にハリやツヤがあり肌のターンオーバーも早かったですが、40代になると肌のために必要な栄養素をあえて摂りいれることが大切になります。逆に言えば肌に不足しがちな成分をしっかり摂りいれるなら、いくつになってもキレイな状態を保つことができます。


もう「アラフォーだから」とは言わせない!40代女性のスキンケアに必要な成分をとって、美しさをキープし続けましょう。


肌のターンオーバーも整える栄養素



出典:jp.pinterest.com


肌のターンオーバーとは新陳代謝のこと。人間の肌は表皮、真皮、下皮組織という層状になっています。新しく生まれた肌細胞は上に向かって押し上げられ、古い肌細胞は最終的に垢となって剥がれ落ちていきます。この再生能力によって肌はいつも生まれ変わり、たとえ日焼けややけどをしたとしてもキレイな肌に戻る様にできています。


個人差はあるとはいえ若い時にはこのターンオーバーの周期は約28日程度。しかし加齢とともに新陳代謝が低下し、40代になると45日程度かかってしまいます。ターンオーバー周期が遅くなるということはくすみやシミが消えにくいという事。そのため新陳代謝を促す栄養素が必要になってきます。


新陳代謝を促進する栄養素と言えば「ビタミン」「ミネラル」です。ビタミンCはお肌によさそうというイメージがありますがそれ以外のA、B群などもバランスよく摂る事が大切です。


ビタミンA、ビタミンCは肌の保湿や肌に潤いを保つ効果があります。コラーゲン生成にも用いられる栄養素ですので、積極的に摂取したい栄養素です。ビタミンEは言わずと知れた抗酸化作用のある栄養素です。肌の酸化を抑え、新陳代謝を活発化してくれます。ビタミンA、C、E、亜鉛は一緒に摂取することで相乗効果が期待できる栄養素ですのでバランスよく一緒に摂取するようにしましょう。


ニキビや肌荒れの治療薬にも含まれるビタミンB。肌の新陳代謝に深く関わっている栄養素です。特に意識的に摂取してほしいのがビタミンB2。これが不足すると新たな細胞を作りだす働きが悪くなります。肌細胞が作れないとなれば肌の再生能力も落ち込むのも当然ですね。


ビタミンEの摂取にはゴマ、アーモンド、クルミなどナッツ系がおすすめ。ビタミンCには果物や根菜から摂るといいでしょう。コラーゲン生成に欠かせない亜鉛は魚から摂取することができます。うなぎや牛乳からはビタミンB2を摂取することができます。


肌を作る材料になる栄養素は?



出典:jp.pinterest.com


お肌に良い潤いを与える栄養素をいくらお肌に与えても、お肌をつくる材料となる栄養素がかけていれば意味がありません。特にコラーゲンの材料になる「動物性タンパク質」の補給が不可欠です。豚肉などもいいですが、できれば亜鉛やオメガ3系脂肪酸なども一緒に摂取できる魚がおすすめ。オメガ3系脂肪酸は血をサラサラにし、脳や心臓など血液が多く必要な臓器を元気にしてくれる栄養素として有名です。


健康な血流は体の健康に密接にかかわっており、肌や髪のツヤとも関係しています。血色のいい肌にするためにも魚は意欲的に摂取したいですね。


女性ホルモンを整えて肌をますますキレイに



出典:jp.pinterest.com


女性のスタイル、髪の毛、肌には女性ホルモンも大きく関わっています。生理になると肌あれがひどくなるのは女性ホルモンが乱れている証拠。40代になると更年期障害が始まり、女性ホルモンが乱れやすくなります。それに伴い肌もカサカサ、ボロボロになることも…。


それだけでなくやる気がなくなったりメンタルが落ち込んだりするなど、心身の健康も脅かされてしまいます。そんな状態ではスキンケアまで心配りができなくなってしまいますよね。そこで積極的に摂りいれたいのが大豆イソフラボン。大豆イソフラボンには女性ホルモンと似た働きをすると言われており、女性ホルモンのバランスを整えてくれることで有名です。


豆腐や無調整豆乳、あげや納豆など大豆製品を摂りいれることでお肌の調子も整えることが期待できます。



古来より愛されてきた日本食には、根菜の煮物、焼き魚、ほうれん草とゴマのおひたし、納豆、あさりとわかめのお味噌汁などバランスよくお肌に必要なものが摂取できるようになっています。なんだか最近肌の調子が前に比べて悪くなったと感じているあなた。今一度毎日の食事から摂りいれている栄養素を見直してみるのはいかがですか?

Writer : moli さん
海外と日本を行き来する生活中の主婦です。海外旅行に行けば必ず現地のマッサージを体験します♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking