小ジワもシミもクマも無かったことに♡おすすめコンシーラー

40代になってくると気になるシミや小じわ。 クマやくすみなんかも隠しきれないと悩んでいませんか? 気になるトラブルをなかったことにしてくれる優秀なコンシーラーをご紹介します♪

NARS / ラディアントクリーミーコンシーラー



出典:www.instagram.com


うるおいをもたらすマルチアクションのスキンケアの働きと光拡散テクノロジーで、気になる部分をしっかりカバーし、小じわやクマが目立たないソフトでなめらかな肌に仕上げます。

贅沢なまでにクリーミーなつけ心地と馴染みの良さが人気です。


ヨレにくく崩れにくいので、つけたてのカバー力やしっとり感が持続。

パラベンフリー・アルコールフリー・無香料・ノンコメドジェニック処方でお肌に優しいのも嬉しいですね♡


全 8 色 ¥3,400 (税抜)


「付け方」

目元にはチップを直付けせず、一度手の甲にとり薬指や中指を使って少量ずつ伸ばしていきます。

(優しく軽いタッチでつけられるため)
使うタイミングとしては、ファンデーションを塗ったあとです。

パウダリーファンデーションをお使いの方はファンデーションを塗る前につけましょう。

頬のシミ、口元や小鼻のくすみには直接チップでチョンとつけ、薬指や中指を使って優しく叩いて馴染ませましょう!


資生堂 / スポッツカバーファウンデーション



出典:www.instagram.com


カバー力ではナンバーワンとの呼び声も高いスポッツカバーファウンデーション。

あざ・シミ(肝斑)や傷あとのカバーなど普通のメイクでは隠しにくい肌をカバーするために使います。
優れたカバー力があるのに、自然な仕上がりになるのがこのコンシーラーの魅力♪

なめらかな感触で伸ばしやすく、うすいあざなどをカバーする全体用のベースカラーと、肌へのフィットやカバー力に優れ、あざやしみ(肝斑)などを部分的にカバーする部分用のベースカラーの2種類があります!


20g ¥1,200 (税抜)


「付け方」

薄いあざやシミは、化粧水で肌を整えた後に全体用のベースカラーを指やスポンジを使って、小刻みにムラなく伸ばしましょう。

全体を見てさらに隠したい部分があれば、指先で軽く叩くように重ね付けします。


濃いあざやシミは、化粧水で肌を整えた後に全体用のベースカラーを指やスポンジを使って、小刻みにムラなく伸ばします。

特にカバーしたい部分には部分用のベースカラーを指先で軽く叩くようにして伸ばし、顔全体と自然に馴染ませましょう。

クマは、指に少しとってトントンと置いていくだけで綺麗に隠れますよ。


ゲラン / プレシャスライト



出典:www.instagram.com


気になる部分にピンポイントで使用できる、ペンタイプのハイライター。

正直濃いシミやあざを隠すには向きませんが、クマやほうれい線の影、肌のくすみや小じわなどは厚塗り感なく綺麗にカバーできます!

加齢による顔のくぼみも、プレシャスライトを使えば肌がふっくら見え印象が若返るそう。


¥6,500 (税抜)


「使い方」

ペン先が使いやすいフラットブラシになっているので、気になる部分に軽く乗せ馴染ませるだけで簡単にカバーできます。

肌の影がを明るくしたい時は、小鼻の両脇や顎のくぼみに塗ってください。

若々しい肌に見せたい時は、眉間や目尻、ほうれい線などの表情ジワをカバーするように塗ります。

いきいきとした表情に見せたい時は、目もとのクマやむくんだ部分、頬骨に塗って明るく仕上げるといいです。

ファンデーションの前でも後でも使用できます。


イプサ / クリエイティブコンシーラー EX



出典:www.instagram.com


あなたの肌色に合わせて3色をブレンドできる大人気のコンシーラーが進化。

「赤」をプラスした独自の色調設計により、白浮きせず血色感のある周りの肌色と完璧に「同化する」という新発想のコンシーラーです。


また、肌表面の光の反射を高める「部分用ライティングフォーミュラ」も採用しており、暗く見えやすい色ムラ部分の透明感をも高めてくれます。

肌へのフィット力が高いので、ヨレや小じわの発生を防ぎ、付けたてが続きます。


¥3,500 (税抜)


「付け方」

上のブラウンは主に、口周りのくすみを同化させるために使います。

真ん中のピンクオレンジは主に、目のクマやシミを同化させるために使います。

下のベージュは主に、小鼻周りの赤みを同化させるために使います。

全てブラシを使って塗るようにつけると、細かい部分も綺麗につけることができますよ!



いかがでしたか?

小じわもシミもクマも綺麗に隠せるコンシーラーは沢山あります。

コンプレックスなんて持たずにメイクでカバーして綺麗なお肌を目指しましょうね。

Writer : shinomi さん
ヘア、メイク、美容が好きな専業主婦です♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking