カラーの辞めどきがわからない!そんな悩みを解消する地毛への戻し方

10代の頃から髪を染め続けてきたけど、そろそろ大人らしく地毛の髪色に戻したい…そう思っている20代〜30代の大人女子は少なくないハズ。地毛に戻したいとはいいつつも、染めた髪と地毛の境目がプリンになるのはいやですよね。 今回は、地毛に戻す時のポイントや方法をご紹介。カラーの辞め時が分からない人、地毛色に髪を戻したいと思っている人必見です。

1.髪は1年で15センチ程度しか伸びません!



出典:jp.pinterest.com


髪の毛って、実は1カ月で大体1センチ程度、1年では15センチ程度しか伸びないのです。

ということは、ショートヘアさんでもカラーの髪を地毛に戻すには2〜3年はかかってしまうということ。

ロングヘアさんならもっとかかってしまいますよね。


それを踏まえると、ただずっと伸ばしっぱなしにして地毛が伸びてくるのを待つ、というのは必ずプリンになってしまいますしおすすめできませんが…。


2.プリンが分からないようなヘアスタイルに挑戦



出典:jp.pinterest.com


2、3年待とう!という我慢ができる人は、毛先の色と生え際の色が分かれてしまうプリンカラーが分からないようなヘアスタイルに挑戦するのがおすすめです。

ストレートヘアだとどうしても色の分かれ目が目立ってしまいますので、ウェーブにしたり、パーマで毛先を巻いたりすると、あまりプリンが目立たなくなりますよ。


また、毛先は定期的に美容室に行ってカットしてもらいましょう。

髪は痛めば痛む程脱色が進み、色が茶色や金髪のように薄くなっていってしまうので、日頃のヘアケアも欠かせません。

自宅でできるトリートメントやヘアパック、ヘアオイルの塗布といったヘアケアを、毛先を中心に徹底して行なうのも大切です。


3.地毛と分からないような色に染めてしまう



出典:jp.pinterest.com


プリンになるのはどうしても嫌だ、という人は思い切って地毛と同じテイストのカラーリングをしてしまいましょう。金髪だったものを、急に地毛と同程度の黒色に染めるのはなかなか難しいので、最初は茶色に暗く染め、1、2カ月と様子を見ながら色を少しずつ暗くしていくのがおすすめです。

てっとり早く簡単な方法ですね。


ほかにも、あえてグラデーションカラーに挑戦するのもおすすめです。

アッシュテイストのグラデーションカラーなら、プリンも気にならずに髪をキレイに染めてくれますし、髪が伸びてもおしゃれにキマりますよ。


しかしこの方法は髪へのダメージが大きく、毛先がどんどん痛んでしまうので、地毛に戻す時はなるべくロングヘアに挑戦するのは避け、痛んだ毛先は定期的に切っていくことも大切です。


4.まずは美容師に相談を



出典:jp.pinterest.com


暗めの焦げ茶などに染めているならそのまま放置しておけば地毛に戻すのに大した問題はありませんが、金髪や奇抜なカラーリングをしている人は、まずは美容師さんに相談してみるのがいいでしょう。

髪を痛めずに地毛に戻したいのか、とにかく時間をかけずに地毛に戻したいのか、髪の痛み具合や要望によって方法が変わってくるハズです。



いかがでしたか?

カラーリングを辞めて地毛に戻す方法はやはり髪が伸びるのを待つか、地毛に近い色合いに染めてしまうかの2択のようです。どちらにせよ、髪の痛みを防ぐためにもまずは美容師さんに相談して、ベストな方法を教えてもらうのがよさそうですね。

もちろん毎日の自宅でのヘアケアも欠かさずに行うのも忘れないようにしてくださいね。

Writer : qo6263 さん
美容に関心があります。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking