結局どれがいいの?目的別☆日焼け止めの選び方

あなたは外にでる時以外も日焼け止めをつけていますか? 実は家の中に居るときだって日焼け止めは必要なんです。 今日は目的別にどんな日焼け止めを使えばいいのかをご紹介していきます!

SPFとPAってなんだろう?


 

出典:weheartit.com

 

先ほど紫外線対策は室内でも必要といいましたが、いったい何故なのでしょう?

それは紫外線の種類が関係しているのです。

そこでSPFとPAについて解説していきます。

 

 

☆SPF

 

SPFは紫外線の防御力のようなもので、紫外線B派という肌が赤くなる日焼けを防ぎます。

数字が大きいほうが防御効果が高くなっています。

50+と表示されている場合は50よりも大きいという意味になります。

 

注意しなければならないのが、節約して少ししか塗らなかったり、塗り方にムラがあると表示どおりの効果が発揮されません。

 

 

☆PA

 

PAは、紫外線A派というシミやしわなどの発生に関わっている紫外線の種類です。

長派が長く、肌の奥のほうまで届いてしまうため肌にと多くの悪影響を及ぼします。

ガラスや雲も通りやすいため、室内や天気の悪い日でも注意が必要です。

 

出典:weheartit.com

 

海に行くときや運動会のときは、紫外線B派の対策をきっちりしなければなりません。

それを防ぐためにはSPFが高いものを選びます。

 

また、屋内で活動しているときや曇りの日も、紫外線A派の対策が必要いうことになります。

 

つねにSPF、PAの数値が高いものを選べばいい訳ではなく、シーンに合わせて使い分けることが大切です。

効果をアップさせるには、しっかりと保湿することが大切で、乾燥していると肌のバリア機能が低下し、余計に紫外線からのダメージを受けやすくなります。

 

そのため最近では、保湿効果が備わった日焼け止めが主流になってきています。

自分の肌に合わせて日焼け止めを選んでいきましょう!

SPF50+は紫外線カット効果も高い反面、刺激が強いと言うデメリットもあるので注意してください!

 

日常生活やちょっとした外出時のおすすめ日焼け止め


 

出典:weheartit.com

 

☆ウェリナ オーガニクス キスフォータウン 日焼け止めデイリー用

 

出典:www.cosme.net

 

オーガニックで低刺激♪

100%の天然植物がベースになっています。

肌が敏感で日焼け止めに抵抗がある人におすすめです。

 

シンプルで安心の日焼け止めです!

子供と一緒に使いたい人にもおすすめできる商品です。

(SPF20/PA++)

 

 

☆オルビス メルティーモイストBB

 

出典:www.cosme.net

 

美容液、下地、ファンデーションなどの役割をしてくれて、忙しい朝もかなりの時短になります♪

カバー力が高いため、毛穴やシミはもちろんクマなどもしっかりと見えなくしてくれます♡

ヒアルロン酸やコラーゲンも配合されているので保湿もしっかりできますよ!

(SPF30/PA+++)

 

屋外スポーツ、レジャー、ビーチなど


 

出典:weheartit.com

 

 

☆アスタリフトホワイト パーフェクトUVクリアソリュージョン

 

出典:www.cosme.net

 

美容液と化粧下地の役割を果たしてくれます。

ナノオリザノールなど保湿成分が豊富に含まれているため、乾燥対策もしっかりできて商品本来の効果もより引き出してくれます。

高いUV効果を持っているためレジャーなどで活躍します。

比較的刺激も少なくおすすめです♪

(SPF50+/PA++++)

 

 

☆アディクション スキンプロテクター

 

出典:www.cosme.net

 

みずみずしく均一に広がるのでつかい心地がいいです♪

重ねて塗ってもストレスが少なく自然に仕上がります!

女性に限らず男性にもつかえます。

(SPF50+/PA++++)

 

 

いかがでしたか?

この記事を参考に自分に合った日焼け止めを探してみてくださいね

自動保存しました

この記事をみんなに共有する

出典: weheartit.com

あなたにオススメ

MyRecoトップ > スキンケア > 結局どれがいいの?目的別☆日焼け止めの選び方