流行最先端!主流のポイントメイク・テクニックをまとめました♡

毎日毎日同じメイクでは飽きてしまいますよね。メイクは日々移り変わっていくもの。ポイントメイクなら流行を取り入れやすいのではないでしょうか。パーツ別にそのテクニックを見てみましょう。

眉は太くアーチ状に!



出典:weheartit.com


一見地味ながら、顔の印象を大きく左右する眉。

眉の太さが少し違うだけで、おしゃれにも野暮ったくにも見えてしまいます。


2017年の流行は「太アーチ」。

これまでは太い平行眉が主流でしたが、今年は少しアーチを描くのが流行りです。

ナチュラルながらも、意志の強さを感じさせます。


この眉をつくる上で大切なのが、毛を立ち上がらせること。

色を乗せる前にスクリューブラシで眉を逆方向に梳かすと、眉全体がふわっとした印象になります。


毛を立ち上がらせたら、パウダーで目尻から目頭に向かって色を乗せていき、最後にペンシルで形を整えます。

流行りの眉マスカラを使いたい場合は、スクリューブラシと同じく、毛流れとは反対の方向から塗っていきましょう。


また眉の色を変えるのもトレンドです。

これまでは髪の色に合わせていましたが、今年は赤茶とグレーが人気です。

グレイッシュな色を使えば、外国人風の眉も叶います。


ポイントは必ず他のカラーと組み合わせること。

こうすることで眉と髪の色の差を抑えることができます。


アイメイクはツヤ感&暖色系



出典:weheartit.com


2017年のアイメイクで重要なのは、ツヤ感。

ツヤ感を重視したアイシャドウをメインに持ってくることで、目元を濡れたような質感にします。

その代わり、アイラインは控えめです。

しっとりしたシャドウにマットなシャドウをオンすると、手持ちのアイシャドウだけでメイクの幅が広がるでしょう。


またトレンド色は、レッドやピンク、オレンジといった暖色系。

そのまま使うと、腫れぼったいように見せてしまいがちですが、ワンポイントに留まらせれば、目を大きく知的な印象を与えることができます。


おすすめのメイク方法は、まずアイホールにラメ感のあるベージュ系のシャドウを塗ります。

ギラギラしていないものを選びましょう。

そこに暖色系のシャドウを乗せますが、場所は目尻と黒目の下のみ。

目尻は三角形を、目の下は米粒をイメージして塗ります。

これでメリハリがありながら、ナチュラルなアイメイクの完成です。


アイラインはブラックではなく、ブラウンやボルドーを使うと、より優しい印象が出せます。


チーク&リップは2択!



出典:weheartit.com


顔を一気に華やかに見せてくれるチークとリップのトレンドは、「ふんわりピンク」と「ぱきっとしたレッド」の2種類です。


まず「ふんわりピンク」は春メイクにもぴったりの色。

桜色やコーラルピンクといった、肌馴染みの良いピンクでふんわり描くのがおすすめです。


スモーキーピンクは大人っぽさも出せて、特に注目の色です。

リップはグロスなどを使って、ぷるんとさせましょう。

チークはベージュなどの薄い色で「まるで塗ってないかのように見せる」のもおすすめです。


対して「ぱきっとしたレッド」は、今年の流行である「シーズンレス」から生まれたもので、通常冬メイクに使われる濃い目のカラーが、春夏でもトレンドになっています。

鮮やかなレッドや去年から人気のボルドーの他、ダークレッドのような大人なカラーも注目されています。


こちらはマット系を選び、ボリューミーに描くと、それだけでインパクト大です。

去年買ったものがそのまま使えるのも嬉しいですね。



いかがでしたでしょうか。

どれか1つでも取り入れたら、それだけで一気に”旬の顔”になれる、ポイントメイク。

手持ちのコスメと上手く組み合わせて、トレンドもある、自分らしいメイク方法を見つけましょう。

Writer : しぇりる さん
猫と美味しいものが好き♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking