アラフォーから始める妊活で、ママになる。

妊娠しやすいとされている年齢は20歳から30代半ばとされています。 でも、アラフォーでも妊活を始めることで、もちろん妊娠することは可能です。 今回は、簡単に取り入れられる妊活のポイントをお話ししていきます。 諦めずに、ママになるための準備を始めてみませんか?

健康管理をしっかりと!



出典:unsplash.com


ママになるための準備、その1は健康管理です。

まずは、基礎体温を毎日計ることで自分の排卵や生理のリズムを知ることができます。

基礎体温は、専用の基礎体温計で毎朝起きた時、動き出す前に計ります。

基礎体温計はドラッグストアなどでも購入可能なので、持っていない場合は1個持っておくと便利です。


次に、規則正しい生活を心がけて下さい。

不規則な生活はホルモンバランスを乱すので、排卵や生理のリズムも乱してしまいます。

早寝、早起き、適度な運動と、栄養バランスの良い食事はホルモンバランスを整えるだけでなく、美容にも良いので一石二鳥ですよ!

また、健康管理を行うことで太り過ぎ、痩せ過ぎを予防できます。

太り過ぎも痩せ過ぎも排卵を妨げるので重要なポイントです。


よもぎ蒸しで冷え性対策



出典:www.instagram.com


冷え性は妊活の妨げになります。

実は、子宮が冷えてしまうと着床しにくいと言われています。

そのため、妊活には冷え性対策が必要なのです!


韓国伝統のよもぎ蒸しは知っていますか?

よもぎ蒸しサロンなどで簡単に行うことができます。

よもぎを煮立てた上に専用の椅子が置いてあり、その上に座って専用のマントをかぶります。

30分程度行いますが、驚く程、汗をかきます。

回数を重ねるごとにより、汗はかきやすくなるようです。


このよもぎ蒸しは、血行を良くし、子宮を温めてくれます。

また、ホルモンバランスを整えてくれますし、デトックス効果もあるとされているので、妊活だけでなく生理痛などにも良いとされています。

よもぎの種類によってもそれぞれ効果があるようなので、よもぎ蒸しサロンに行ってみるのもおすすめです。


葉酸を摂る




葉酸は、妊活に良いとよく言われますよね。

実は、葉酸には着床促進の効果があるとされています。

さらに、受精卵の成長も助ける効果があると言われていますので、妊活には欠かせない栄養素なんです。


葉酸を含む食品は、

・枝豆

・モロヘイヤ

・ブロッコリー

・ほうれん草

・水菜

などですが、必要量を摂取しようとすると結構な量になってしまいます。


そこで、便利なのが葉酸サプリです。

現代では、葉酸サプリはドラッグストアやネットなどでも色々なものが販売されているので、簡単に手に入りますよ。

それぞれの葉酸サプリによって付加価値となる成分が異なっているので、自分に合ったものを調べてみるのも良いです。

また、妊娠初期の時期にも先天性の奇形予防として葉酸の摂取は推奨されていますので、妊活中から葉酸サプリなどを摂取しておくと、いざ妊娠した時に焦らずに良いですね。



いかがでしたか?

赤ちゃんが欲しい!と思ってもなかなか思うようにはいかないですよね。

妊活は、ママになるための準備ですが、それだけでなく体にも良いことが沢山あります。

健康な体で、ママを目指してみませんか?

Writer : hawaii62 さん
元エステティシャンの主婦です

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking