癌予防のためにできる気をつけたい生活習慣5選

生活習慣病とされている「癌」。生活習慣を見直すことで癌の発症リスクを下げることができます。今回は、がん予防のためにできる気を付けたい生活習慣をご紹介していきたいと思います。

癌は予防することができる



出典:weheartit.com


癌の原因やハイリスク集団の研究が進み、生活習慣の見直しによって予防できることが明らかになってきました。


これさえ守れば絶対に癌にはならないという方法はありませんが、癌のリスクをできるだけ低く抑えていくことはできます。


それでは早速、気を付けていきたい生活習慣を見ていきたいと思います。


タバコは百害あって一利なし!



出典:weheartit.com


癌や循環器疾患をはじめとした疾患のリスクを上げるとされている喫煙。


タバコはまさに百害あって一利なしです。

今吸っている人は禁煙を心がけてみてください。


受動喫煙にも健康被害があるとされているので、吸っていないという人も注意が必要です。

タバコの煙は避けるようにしましょう。


お酒は節度を守ってほどほどに



出典:weheartit.com


お酒を飲むことで食道がんや肝臓がん、大腸がんや乳がんなどのリスクが上がるとされている一方、ある程度の量であれば心筋梗塞や脳梗塞のリスクを下げる効果があるとされています。


お酒を飲むときは節度を守ることが大切です。


お酒を飲まない人、飲めない人は無理に飲む必要はありません。


塩分を控える



出典:jp.pinterest.com


塩分を控えることで日本人に多い胃がんのリスクを下げることに効果的です。


加工食品や外食など、知らず知らずのうちに必要以上に摂取してしまいがちな塩分。

過剰に摂取しないよう意識することが大切です。


適度な運動を



出典:weheartit.com


適度な運動を継続して行っていくことで、癌のみならず様々な疾患のリスクを下げるとされています。


しかし、今まで運動する習慣がなかったという方がいきなり激しい運動を取り入れるのは危険です。

自分のカラダと相談しながら少しずつ運動量を増やしていくようにしましょう。


体重管理をしっかりと



出典:jp.pinterest.com


適度な運動や食生活を見直すことで体重をコントロールしていきましょう。


肥満は、癌やそのほかの疾患のリスクを高めるとされていますが、痩せすぎているのも問題です。

免疫力が弱まり、がん予防のためにはあまりよくありません。


適切である体重をキープするよう心がけていきましょう。



いかがでしたでしょうか?

癌意外の生活習慣病の予防のためにも、生活習慣や食習慣をきちんと見直していきたいところ。

また、免疫力を高める方法の一つに「笑う」ということも挙げられるのだとか。

笑顔で健康的な毎日を送っていきましょう!

Writer : yoyo さん
元ネイリストの主婦です♪

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking