マンネリ化してない?単色アイシャドウの使い回し術!

ナチュラルメイクが主流の昨今、流行に合わせて引き算メイクを習得してきたけれど、なんだか毎日同じになって飽きてしまった…。そういうのって女性のあるあるですよね。単色アイシャドウは好きな色だけに特化して使えるので無駄がないという利点もありますが、マンネリ化してしまいがちというデメリットも。今回は単色メイクにちょっと○○をプラスするだけでいつもと違った自分になれる方法をご紹介します。

もう飽きた!単色アイシャドウのマンネリから脱出する方法は?


パレットよりも単色アイシャドウの方が使いやすいという方もおられます。

使わない色が組み合わされているパレットよりも、お気に入りの色の単色アイシャドウの方がコスパもよく、無駄がないというわけです。


さらに単色アイシャドウをいくつか持っていれば、組み合わせて自分だけの色にすることも♡

でも毎日同じ色ばかりになるのでついついマンネリ化して飽きてしまうこともあります。

今回は単色アイシャドウを工夫して毎日をもっとカラフルにしてしまう方法をご紹介します。


 単色アイシャドウで統一感あるグラデーションを作ろう


単色のアイシャドウの位置を少しずらしながら重ねて塗ることでグラデーションを作ることができます。

外から目の際にかけて濃くなるように濃淡をつければ、立体感ある色っぽい目元になります。

まずは単色アイシャドウをアイホール全体にブラシで薄くつけます。

濃くなりすぎるとグラデーションが目立たなくなるのであくまで薄くまんべんなく塗りましょう。


続いてチップに持ち替え、目の際に同じアイシャドウを重ね付けします。

この際目の真ん中、黒めの上あたりを広めに塗ると目がパッチリ大きく見えますよ。

最後に細めのチップで下まぶたの目尻側に1/3ほど同じ色をのせます。

目じりを囲んで「くの字」になるようなイメージです。


同じ色で行うからこそ統一感のあるグラデーションが完成します♪


 単色アイシャドウにプラスするだけで大変身できるグッズ


単色アイシャドウはナチュラルで主張しすぎない、引き算メイクを好むOLの方に大人気です。

でもこれだけだとあまりに淡泊になりすぎてしまいがち。

単色アイシャドウにプラスするだけでグッと目元が引き締まる、合わせ技ができるグッズをご紹介します。


ブラウンアイラインで目元に奥行を!


単色アイシャドウで人気の高い色は、ゴールド、ブラウン、パープル、ピンクといった淡く柔らかい雰囲気の色です。

その雰囲気を壊さず、もっと立体感のある引き締まった目元にしてくれるのがブラウンのライナーです。


特にペンシルタイプがおすすめ♪

ふわっと軽い印象にしてくれて、女性らしさを演出できますよ。


アイシャドウベースでいつもより発色良く!


顔には下地クリーム、爪にはベースコートを付けるのに目元には何もしなくてもいいわけがない!

アイシャドウをそのまま瞼につけるよりも、アイシャドウベースを付けるひと手間を加えることで、目元が明るくなります。

アイシャドウベースはアイシャドウの発色をよくし、ノリもよくなるので化粧崩れも少なくなります。


パールやラメをプラスして二次会でも使えるフォーマル仕様に!


繊細でヌケ感のある薄付きアイメイクが主流になっているため、人気がぐっと上がっている単色アイシャドウ。

でも時にはもっと華やかにゴージャスに盛りたいときもありますよね。


パーティや結婚式などフォーマルな場でも地味に見えない、単色アイシャドウの使い方とは?

パールやラメを瞼の真ん中にプラスすること。


全体にラメを入れてしまうと下品で派手すぎるアイメイクになるので要注意!

上まぶたの真ん中だけにちょこっとつけるだけなので上品かつラグジュアリーに仕上げることができます。


グラデーションに使ったアイシャドウの色によってラメの色を変えると統一感がでますよ。

例えばオレンジやピンクといった暖色系にはゴールド系のラメを、ブルーやパープルといった寒色系にはシルバーのラメをといった感じです。


艶っぽさをだしたければオイルをプラス!


最近はオイルインアイシャドウというのもあり、伸びが良く、目元を艶っぽく魅せてくれます。

ではオイルインではないパウダータイプのアイシャドウはどうすればいい?

実はお家にあるものをプラスすればオイルインのようなテカりを目元に加えることができます。


ワセリンやリップバームなどの油分をアイホールに乗せてからアイシャドウを塗ってみて下さい。

いつもより色がくっきりしてテカりのあるグロッシーな雰囲気になります。

マンネリ化防止に一度お試しくださいね!



「ただアイホールにサッと塗ってアイメイクの出来上がり!」という方もおられるのでは?

「ちょい盛」「引き算メイク」が主流になっていますが、これは必ずしもメイクを手抜きしてもいいという意味ではありません。


単色アイシャドウでも塗り方や何かグッズを一つプラスする手間を加えることで、メイクの可能性は無限大に広がります!

ぜひこれを機に脱マンネリに挑戦してみましょう!

Writer : moli さん
海外と日本を行き来する生活中の主婦です。海外旅行に行けば必ず現地のマッサージを体験します♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking