好印象間違いなし♡石原さとみ風メイクのポイントを動画でマスター!

圧倒するような美人顔ではないけれど、かわいい色気を感じる石原さとみさんは、ナチュラルな印象が強い女優さんです。メイクも、ふっくらとした印象を自然なままでみせているという感じでしょうか。ほんわかとした女性らしさが感じられますね。そんな石原さとみさんのメイクのポイントは、健康的でふわっとした感じの全体感に、ぷっくりとした唇と太めの眉毛です。さほどいじっていないように見せるナチュラルメイクだからこその美しさがそこにはあります。

ふんわりした血色のよい肌色で全体をカバー



まず、下地となるファンデーションまでをしっかりとつくっていきます。

なんといっても肌のきれいさが石原さとみさんの特徴のひとつですから、しっかりと保湿をしてしっとりになった肌にメイクをしてきます。


下地は、ピンク系のもので、しっかりとつけます。

これは赤ちゃん肌のような血色のよい肌を演出するためです。


舞妓さんや歌舞伎役者の方々が、頬などにまず下地に赤い色をつけてその上からドーランを塗ると、うっすらとピンク色の肌になりますね、あれと同じです。


ピンク系の下地をしっかりとつけ、上からファンデーションを塗れば、内側からふんわりとピンク色を見せることができます。

まるで肌の薄いあかちゃんのようですね。

ですから、下地はしっかり目につけましょう。


また、コンシーラーなどで、肌トラブルのシミやくすみなどもまんべんなく消しておくことも忘れないでください。


ここで、石原さとみ風にする場合にわすれてはならないのが、唇にもファンデーションを塗っておくことです。

これによって、ぷっくりとした唇を作り出すためのベースを作り上げます。


血色の良さはチークで演出



全体的に元気で明るいトーンになったメイクには、血色の良く見えるチークを付け足します。

チークは、ほわんとぼんやり感を出したいので、大きめのブラシを使って丁寧に頬骨にそってのせていきます。


このとき、チークをブラシにとってすぐに肌につけると、お粉がつきすぎてしまいますので、ティッシュオフして色味をおさえてください。


カラーはピンク系がいいですね。

自分自身、すこし顔色が悪い方だと思うのであれば、コーラルピンクがオススメです。


これで、自然に全体がピンクがかった明るめのベースができあがりました。


ぷっくり唇で印象づけましょう



石原さとみさんのメイクのポイントのひとつは、ぷっくりとした唇です。

オーバー気味にラインをとることが重要です。


ファンデーションを、唇の上にも重ねたのはそのためです。

これでラインが取りやすくなります。


ラインは、上の唇の中央のMになっている部分を消すようなイメージです。

下唇は少しぽってりとした感じで、オーバー気味に描くのが特徴です。


このときに使うラインは、ヌーディベージュ系がいいですね。


口紅の色は、グロスのような輝きのあるものではなく、マットな質感のピンク系、またはコーラルピンク系がおすすめです。

ぽってりとしていても全体のイメージを邪魔しませんので、上品なイメージがあります。


最後に、あまりグロス感がつよくないグロスを、唇の中心を気持ち多めにして、さっと塗ってナチュラルな質感をだします。


特にすこし青みがかったピンク系のリップは、透明感がでてさっと塗れるので失敗がありません。



ちょっとたれ目の優しいアイメイク



アイメイクはブラウンをベースにして、少したれ目加減で描いていくことで、ナチュラルなアイメイクができあがります。


アイメイクでポイントになるのは、目尻の下と目頭のハイライトです。


カラーは、単一のブラウンにすると色が濃く強めの印象になってしまうので、グラデーションを利用して自然なイメージを大事にします。


まず、涙袋を中心にして、明るめのコンシーラーで、ベースを作ります。

この時、パールの入ったホワイトシャドウで涙袋を強調すると、一層石原さとみっぽいかわいげな目元になります。


そのあと、目頭の下を中心にして、ハイライトを入れていきます。

目じり側は、正面を見た時に、黒目の下で消えるよう描いていきます。

全体的に薄めに色をのせた分アイラインは、少し太めにします。


上から、しめ色のブラウンをのせると、アイシャドーが落ちることなく、ちょっとかわいいたれ目ができあがります。



和み毛の太眉で、全体のバランスもばっちり



眉毛は、メイクの中でも印象をぐっとかえてしまうポイントです。

石原さとみさんの眉毛はストレート眉で、しっかりした太い眉毛です。


日本人特有の平坦な顔立ちをカバーして、メリハリをつけるには最適ですね。

しかも顔の面積が小さく見える小顔効果もあります。


ポイントはふんわりタッチで描くことです。

淡くソフトなブラウン職で優しく描いていきます。


毛の生えている部分は淡いパウダーで、毛のない部分は眉と同色のペンシルで描いていくといいですね。

眉頭と目尻の位置を水平に描くと、ストレートでナチュラルな眉になりますので、描くポイントとして覚えておきましょう。


眉頭の角は、できるだけ丸みを持たせるように仕上げると、ナチュラル感が倍増します。



最後に、今まで見てきた石原さとみ風メイクのポイントを動画でおさらいしてみましょう。



ポイントは垂れ目と涙袋、ぷっくり唇です。


メイクで印象は一気に変えられます♪


みなさんも一度、芸能人風メイクを試してみてください♡

関連記事

Writer : myreco 編集部
myreco公式アカウントです。 コスメ・ネイル・ヘアスタイルなど女子が気になる美容情報や、ライフスタイル・スポットなどの記事も発信していきます♡

おすすめ記事

関連記事

関連記事

Ranking

--