見て食べる体験型デジタルアート!?摩訶不思議なレストラン

古代の日本にタイムスリップしたかのような不思議な体験のできるアート展が話題を呼んでいます。触って、香って、見て、最後に食べて。五感を使って心を洗われるような摩訶不思議な体験ができるそう。幻想的な古事記の神さまをテーマにしたレストランで待っているのは?今回は期間限定のデジタルアート展についてご紹介します。

日本人であることの誇りと清々しさを思い出させてくれるデジタルアート展



出典:www.instagram.com


何か不思議な体験がしたい、面白い出会いを待っている。そんな方におすすめのイベントが東京の日本橋茅場町の特設会場にて期間限定で行われています。

その名も「食神さまの不思議なレストラン展」。

デジタルアートと和食をコラボし、訪れた観客は見て、触って、感じて、香って、最後は本当においしい和食を味わうことができる五感で味わうアート展です。


近年は東京駅や大阪城もプロジェクションマッピングし、デジタルによって幻想的な世界観を作り出すアート作品が増えています。

何の変哲もない壁や柱、床などが全く別世界に変身し、不思議な世界に迷い込んだような錯覚を覚えさせられます。


たくさんあるアート展の中で、この「食神さまの不思議なレストラン展」はデジタルの世界とは全く合いそうもない和食と手を組み、世界が認めるデジタルアート集団MOMENT FACTORYや和食の巨匠たちが腕を振るうということで、話題を集めています。



·  開催日時 Date  

2017 1.28~SAT 5.21 SUN


·  開催時間 Time

10:00~21:00 平日 WEEKDAY

10:00~23:00 金・土・祝前日 FRI/SAT/the day before national holidays

10:00~19:00 日・祝日 SUN/national holidays


·  開催場所 Place

日本橋茅場町「特設会場」 Nihonbashi kayabacho "special meeting place"

東京都中央区日本橋茅場町1−8−1
茅場町1丁目平和ビル


・入場料 Entry Fee


通常チケット神様のおいなり付

【当日料金】

大人(高校生以上)

¥2,000

子ども(3歳以上~中学生以下)

¥1,000



アート展を率いるデジタルアート集団がスゴイ!



出典:www.instagram.com


このアート展の成功を握るデジタルアート集団がすごすぎると評判です。

MOMENT FACTORYはモントリオールを拠点に活動し、今までにシルクドソレイユ、ディズニーなど350件以上のエンターテイメントを手掛けてきました。

世界も認めたエンターテイメント集団の日本初の展覧会となるのが、この「食神さまの不思議なレストラン展」です。


照明、音響、、映像、特殊効果を交え、ただ見るだけではない、ただ聞くだけでもない。

触れて、あなたの接触に反応して変わるアートが楽しめます。まさに参加型のアート展です♪


食神さまの不思議なレストラン展のここが面白い!



出典:www.instagram.com


私たちの生活になくてはならないものになりつつあるデジタル。

3Dの映画も一般の映画館で見られるようになり、多くのテーマパークではデジタルを使った華やかなショーが競争するかのように日夜進歩しつつ開催されています。

そのため少々のことでは感動しなくなってきたなと感じませんか?

「スゴイ」ことが「あたり前」になりつつあるんですね。


そんな中このアート展が「面白い!」と言われる理由があります。

ここからはこのアート展が他と違って心惹かれる理由をご紹介します。


スクリーンにタッチすれば色んな風景の古来日本が楽しめる


出典:www.instagram.com


日本橋の廃ビルを舞台に、足を一歩踏み入れるとデジタルとは縁遠いような古き日本の世界。

古事記の神さまが住む世界をイメージしているよう。

照明はあえて暗めに、映し出される赤いぼんぼりと竹林がすでに摩訶不思議な雰囲気を醸し出しています。


奥には紅葉林が。

スクリーンに触れると画面が様々に変化し飽きさせません。

そこにウカという名前の狐が登場し、お客さんを妖しくいざないます。


ある時はホタルが光るかのような夜の風景、ある時は真っ赤に燃えるもみじの風景など。

変化パターンはまだまだあるよう。

一つの場所にいるだけで風景の変化を楽しめるのはまさにデジタルがなせる業ですね!


どでかいお茶碗登場!日本の文化に触れられる旅


出典:www.instagram.com


続いて現れるのが巨大なお茶碗。

そこに奇妙な光をゆらゆら放ちながら盛られているのはお米。

お米は古代から日本と深いつながりのある食べ物ですね。

生のお米を実際にサラサラと触って対話し、冷たくてなんだか安心する気持ちよさを実感してください。


続いて実際にご飯を食べられるお部屋に行くための一続きのストーリーのようです。


出汁にこだわる絶品和食を堪能


出典:www.instagram.com


続いてのお部屋に入ると、ふわっとかつおだしのいい香りが。

出汁をきかせた日本古来から愛され受け継がれてきた日本を代表するようなおかずがずらり♪

香りをかぐだけで日本人に生まれてきて良かったなんて実感されられますね。


まずは全員が受け取ることができる「神さまのおいなりさん」をいただけます。

チケットにお代が含まれているのでここではお金を払わずに味わうことができますよ。

京都の老舗和食旅館の料理人、中東 久人さんの監修の元、老舗料亭の料理人、村田 吉弘さんなどが手掛けるだけあり、出汁にこだわり絶妙の味のバランスを堪能することができます。


メニューは「味噌と出汁の相性を考える三種の味噌汁」「実山椒をきかせた親子出汁巻き」「出汁香る稲庭うどん」など出汁をテーマにこだわりぬかれた一品を食べることができますよ。




いかがでしたか?

五感で楽しむアート展、彼氏やお友達を連れて一度足を運んでみるのはいかがですか?

摩訶不思議な体験ができるということで、一人でじっくり世界観に浸ってみるのもいいかも♡

日本人であることの誇りと日本食のありがたさを再認識できる素敵な機会になりそうです。

Writer : moli さん
海外と日本を行き来する生活中の主婦です。海外旅行に行けば必ず現地のマッサージを体験します♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking