憎きシワとたるみを撃退!毎日やりたい対策法

早ければ20代から始まってしまうと言われている顔のシワやたるみ。40代ともなると多くの人が年齢と共に増えていってしまいますよね。そんなシワやたるみは見た目年齢を10歳も老けさせるそう。そうなる前に毎日のケアでシワやたるみを撃退しましょう!

ハリのある瑞々しい肌って?



 

出典:jp.pinterest.com


まず皮膚の構造ですが、一番上(表面)から「表皮」・「真皮」・「皮下組織」となっていて3層構造となっています。

そして、その真皮部分には線維芽細胞という古くなった組織を再生させる細胞があります。

その線維芽細胞が存在している部分が真皮です。


この真皮の中にある線維芽細胞が積極的に働く事によって、肌に柔軟性を与える役割の弾力繊維のコラーゲンやエラスチンといったタンパク質の一種を新しくし、瑞々しくハリがある肌を保つ事が出来るのです。


シワやたるみの原因は?



出典:jp.pinterest.com


原因の一つに、肌の弾力の低下があげられます。

肌の弾力は真皮部分の細胞やコラーゲン、エラスチンなどが正常な構造で存在する事で保たれていますが、日々の生活のちょっとした以下の事から失われていってしまいます。



・加齢


出典:jp.pinterest.com


ハリがあり、瑞々しい赤ちゃんの肌。

それはやはり真皮部分にあるコラーゲンやエラスチンなどが多く含まれているから!残念ながらコラーゲンやエラスチンは、加齢と共に減少してしまうのです。



・紫外線


出典:www.instagram.com


紫外線の一つ、紫外線A波と言われるUVAは真皮の部分へも届きます。

そしてその到達したUVAが線維芽細胞にダメージを与えると、肌の弾力を保つためのコラーゲンやエラスチンなどを生成する量が減ってしまうのです。



・乾燥


出典:www.instagram.com


乾燥は肌のバリア機能を低下させ、それと共に角質部分の水分を保つ力が低くなった状態となっています。

すなわち、乾燥が続いてしまうと外からの刺激を受けやすくなった上、真皮部分の水分が十分に保たれなくなってしまうのです。



・食事などの生活習慣


出典:www.instagram.com


コラーゲンやエラスチンなど、肌のハリを保つためにはタンパク質やビタミンCなどの栄養素を摂取する事が効果的という事は皆さんもご存じだと思います。

しかし、それと同じく大切なのが塩分の過剰摂取を控える事だそうです。


塩分の過剰摂取はむくみに繋がる事は広く知られていますが、実は乾燥にも繋がってしまうのです。

塩分に含まれているナトリウムが増えてしまうと体内で水分バランスを保つために細胞の水分が奪われてしまうのです。


ただ、塩分は消化や殺菌のサポートをしたり、新陳代謝を良くするために作用するものでもあります。

減塩し過ぎも良くありません。適度な塩分を摂取する事を心掛けましょう。



・姿勢


出典:www.instagram.com


最近ではスマートフォンやパソコンなどで長時間作業をする人も増え、猫背になっている人も多いのではないでしょうか?

顔の筋肉は首や頭と繋がっています。そのため姿勢が悪くなってしまうと頬の筋肉が下へ下へと引っ張られる事になり、たるみの原因へと繋がってしまうのです。



・筋肉の衰え


出典:jp.pinterest.com


身体に筋肉があるように、顔にも筋肉が2種類存在します。

それが「表情筋」と「深層筋」と呼ばれるものです。

それぞれ名前があるのは、役割が違うためです。


「表情筋」は皮膚のすぐ下にある筋肉で、名前からも分かるように表情を作る筋肉です。

そして皮膚や脂肪を支える役割もしています。


「深層筋」は骨についている筋肉です。表情筋の下で表情筋を支えるという役割をするとともに、血液を顔全体に送り届けるポンプのような役割もしています。


この事からも分かるようにどちらか片方だけが衰えてしまってもたるみの原因に繋がってしまうのです。


どんなケアをしたらいいの?



出典:www.instagram.com


様々な原因により現れるシワやたるみに対し、身近に出来る一番のケアは「紫外線対策」、「保湿」、「バランスの良い食事」、「正しい姿勢」が重要です。

しかし部分的なケアも知っておきたいところですね!



・頬のたるみ


出典:jp.pinterest.com


猫背を治すと共に顎の下にある顎舌骨筋という筋肉を鍛える「あいう体操」が、頬の筋肉を引き締める効果が期待できるそうです。

方法は、出来るだけ大きな口をあけ「あ」の口を10秒間、次に「い」、「う」とそれぞれ続けます。


やりすぎるとかえってシワの原因に繋がりかねません。

鍛える事は大切ですが、やり過ぎには注意しましょう!


ポイントは大げさなくらい口を開ける事です。



・口元のたるみ


出典:jp.pinterest.com


こちらも、日頃から筋肉を鍛える事が重要となってきます。

日常生活で手軽に取り入れられる方法として積極的にガムをかんだり硬い物を摂取する、思いっきりおしゃべりをしたり笑ったりして口元を動かすのも良いですね。

思いっきり笑うとストレス解消にも繋がりますね!



・ほうれい線へのアプローチ


出典:jp.pinterest.com


表情筋を鍛えるためには「舌回し」が効果的と言われています。


方法はまず口を閉じ、舌先を葉の外側に沿わせて歯茎を舐めるように時計回りに回します。

終わったら今度は反時計回りに。回数ですが、意外と疲れてしまいますので、出来る回数からチャレンジしてみて下さい。


慣れてきたら1回の回数と1日に行う数も増やしていってみましょう。

舌回しは二重あごの解消や、小顔効果もあるそうです!


出典:www.instagram.com


いかがでしたか?

シワやたるみは日々のケアの積み重ねで防ぐ事が出来そうですね。

日頃からコツコツとケアをして人にちょっと差をつけちゃいましょう!

Writer : KaNaNss さん
最近ハマっている物はプチプラコスメ集めです♪

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking