30代の今考えたい。本当に肌が美しく見えるベースメイク方法

朝のスキンケアで化粧水に乳液、日焼け止めを塗ったら下地を塗って、ファンデにコンシーラー仕上げのパウダー… 毎日繰り返しているそのいつものメイク、ちゃんとあなたの肌を綺麗に見せてくれていますか? なんとなく選んだコスメをなんとなくのルーティーンで塗って終わりなんて勿体無い! BBクリームやCCクリームなど、手軽に使えて肌が綺麗に!なんて商品もとっても便利ですが、 その方法より、もっと肌が美しく見えるベースメイク法があるんです。 気になる部分を補正して、厚塗り感がなく元々の美肌に見えるようなメイク方法を知りたくないですか? 塗って終わりじゃ勿体無い!プラス1テクのベースメイクをお教えします。

大切なのは何より保湿!ベースメイク前にも注目!



出典:jp.pinterest.com


ベースメイクを美しく整えるのに、ファンデーションやパウダーにだけこだわればいいということはありません。

内側から潤いがにじみ出るような肌に仕上げるには、ベースメイク前の保湿が何より大切。

しっかりと肌に水分を入れ込むように化粧水を入れ、乳液やクリームでしっかりと保湿します。

乾燥肌のはずなのに、小鼻の脂が気になってくるという方は、昼用のフェイスオイルを頬に塗っておくのがお勧めします。


頬が乾燥していると、肌が油分が足りない!と判断し、小鼻から大量の油を分泌するそう。

その後下地を塗ったら馴染むまで5分程度、時間を置きましょう。

油分が多いと後に乗せるファンデーションが浮いてしまいがちなので、ここは少し時間を使うのが長時間美しい肌でいられる秘訣です。


肌のくすみが老けて見える!目の下三角ゾーン徹底メイク!



出典:jp.pinterest.com


ファンデーションは顔全体ではなく、顔の中心だけに塗るというのが、崩れにくくて厚塗り感も出ないベースメイク方法。

ただ、ファンデーションを塗ってもなんだかくすみが気になる。

特に目の下がくすんで暗くなってしまうのが気になっているという方はいませんか?


そんな方は特に、目の下の三角ゾーンを色味で調整してあげるのがお勧め。

色白の方で、血色悪く見えてしまうのが気になる場合はオレンジのカラーベース、

黄色味がかっていて、黄ぐすみするという方は、ピンクやパープルを選んで目の下に人塗りするだけで素肌が補正されて美しく見えます。


透明感が出ない・欲しいという方はブルーのベースを仕込んであげると◎!
ファンデーションを塗る前にさっと塗ってあげるだけで、パッと顔色が明るくなりますよ。


チークで表現するハリツヤ素肌がすごい!



出典:jp.pinterest.com


ベースメイクが完成したら、残るはチークでハリとツヤをプラスしましょう!

たるみがちな30代の肌をリフトアップしたように見せてくれる効果もあるのがチーク。

黒目の下、頬骨より気持ち上にブラシをおき、そこからこめかみに向かって斜め上にブラシを滑らせます。


位置をやや高めにすることで、頬がふっくらと見える効果や、

チークの色味が斜めに入ることによって、目尻がリフトアップしたかのように見せることができます。

そしてハイライトもお忘れなく。

チークとの境目にぼかすようにささっと入れれば、つやつやとしたハリ感も表現することができます。



いかがでしたか?

30代女子として、ファッションは変わってきたけどメイクはずっと昔のままなんて方も少なくないんです。

メイクの順序や色味を足す・場所を変えるといったちょっとした変化だけで、30代の肌はぐっと美しくなれるんです。今の自分を綺麗に見せてくれる効果的なメイク法は、知っていて損はなし!

難しいことは何もないので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

Writer : choco34 さん
ファッションと美容が大好きなアパレル勤務OLです♪

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking