30代女子の目元は落ち着きと上品さをたたえて。派手じゃないのに印象に残るアイメイク方法とは

気合の入りすぎたアイメイクは、もう年齢に合わないな… そんな風に感じながらも、いつもと変わらないメイクで毎日を過ごしていませんか? 華やかと派手は似ているようで全く別のもの。似合っていないものをいつまでも続けるのはあなたの魅力の邪魔をしかねません。 華やかでありながら上品で、「あの人素敵だな」と印象に残る人になりたい。 そんな希望なら、メイクで叶えましょう! 30代にオススメしたい、落ち着きと上品さをたたえた華やかメイクのやり方をご紹介します。

内側からにじみ出るような水分チークを目元にも使おう!


 

出典:ずぅ @xxizumiiixx

 

女性に対して、色気を感じたり素敵な人だなと思わうポイントとして、「肌が綺麗」というのは大きなポイントだそう。

 

しっかりと保湿されていそうなつやつやとした頬。

それは、クリームチークで叶えることができます。

私たちはメイクするとき、真正面から自分の顔を見ることが多いですが、人から見られるのは横顔や、下を向いた時が多いのです。

 

アイメイクとチークのカラーリングは、合わせた方がまとまりのあるメイクに仕上がります。

それならば、同じアイテムで両方を仕上げてしまうのが一番早いですよね♪

クリームチークをアイシャドウとして使うことで、今トレンドの濡れた質感の目元に仕上げることができます。

目元は油分が多いと崩れやすいので、ファンデーションは塗らずに直接クリームチークをまぶたに伸ばします。

二重幅にアイシャドウが溜まるのが気になる方は、軽くティッシュオフをすると、余計なチークが取れて綺麗に長持ちします。

 

さりげないカラーメイクを取り入れる


 

出典:1happy22 @1happy22

 

いつもと少し違う印象を与えたいのであれば、カラーメイクを上品に取り入れるのが◎!

オススメは、カラーマスカラ。

アイシャドウはブラウンやベージュベースでシンプルに仕上げた後、普段であれば黒やブラウンを使うマスカラを違う色に変えて見ましょう。

 

一番のオススメはパープル。一見びっくりしてしまうかもしれませんが、塗って見るとぱっと見はほぼ黒マスカラかなと思うくらいなのですが、角度や日の当たり方によって色味がパッと出るのです。

派手すぎないのにふとした瞬間にいつもと違う印象を与えられるのでとてもオススメです。

抵抗があるなという方であれば、ネイビーやブラウンのマスカラをベースに、ピンクやブルーのマスカラをポイントで目尻にON。

 

下まつげだけにカラーマスカラやラメマスカラを塗るのもとっても素敵ですよ。

 

あえてアイライン無しの抜け感メイクにチャレンジ!


 

出典:Miho @mhpitty

 

抜け感がキーワードである最近のメイクトレンドは、自身の持つ元々の魅力を引き出すのがおしゃれなメイクの秘訣。

それで叶えるならば、メイクしている感が一番出るアイラインをのぞいちゃいましょう!

アイシャドウを塗った後、ワントーン暗めのシャドウを目の際に入れれば、ふんわりと目元を強調しながらも抜け感のある仕上がりに。

 

このメイクの注意点は、すっぴんだと思われないようにマスカラはしっかりと塗りましょう。

細く長く丁寧に塗れば、アイライン無しでも目力のある絶妙なトレンドメイクに仕上がりますよ。

メイクでなりたい顔になるのも良いですが、あなた本来の美しさを引き出すのも30代には必要なことかもしれません。

 

 

いかがでしたか?

30代女子が目指すメイクは、自己満足でもいいのですが、人から見られた時の印象の良さも意識するべきですよね。

派手なメイクで「若作りしてる」なんて思われてしまうのは嫌ですよね。

メイクは足し引きが大切。

そしてほどほどにトレンドを取り入れる事も大切。

派手じゃないのに印象に残るアイメイク、ご自身のメイクにぜひ取り入れて見てくださいね!

自動保存しました

この記事をみんなに共有する

出典: tyanfumi @tyanfumi

あなたにオススメ

MyRecoトップ > メイク・コスメ > 30代女子の目元は落ち着きと上品さをたたえて。派手じゃないのに印象に残るアイメイク方法とは