これこそ日本美人♡2017年は着物女子に変身!

こんにちは。恥ずかしながら、2017年になって初めて知った言葉があります。それが「着物女子」です。読んで字のごとく、着物を着こなす女子の事です。着物が着られる女性って素敵ですよね。私事ですが、母親が着付けの師範の資格を持っていて、どことなく憧れたのを思い出したりしました。  そんなこんなで、「着物女子」を、今回はピックアップしてみようと思います。2017年は、着物女子として、はんなりと素敵な女性を目指しませんか?

「着物」も、幅広い世界になっている



出典:jp.pinterest.com


着物って、お高くて、格式高くて、昔ながらで、といったイメージがあったのですが、必ずしもそんな事はなくなってきています。着物への敷居を下げてくれる、面白い着物関連サイトを、3つご紹介します。



・3900円洗える着物シリーズ


3900円となれば、普段買うお洋服とほぼ同じ感覚で買うことが出来ます。

小物類等を一式そろえるとなると、もう少し出費があるでしょうが、それでも手に取りやすい価格帯だと思います。

また、着物が選択で洗えるのも有難いですね。

カジュアルに着たくても、汚れると始末が出来ない・・・という心配もこれなら無用です。


・カルフォルニア発の海外着物ブランド


KIMONOとして、世界的にその言葉を確立させている着物。

海外発のブランドもできているようです。

ただの日本の模倣ではなく、シンプルでモダン、大人可愛い、と、嗜好を凝らして作られているブランドです。

デニム生地等の、一風変わった着物も用意しているようです。



・駅で着物を借りられる え・き・レン


2017年2月現在、3拠点で展開しており、駅前で着物一式をレンタルして、着物を楽しめるサービスです。

レンタル品はいつでも新品、しかも気に入った着物は買い取る事も出来ます。

値段設定もお得なものも用意されており、利用しやすいのも有難いポイントです。

自分で買うまではいかないけれど、出先でちょっと着物を着てみたい、これから着物を自分でいてみたいけど、まずはお試ししてみたい、という方に持ってこいのサービスです。



自分で着物を着られるようになりたい! まずは着付け教室体験!



出典:www.ashinari.com


可愛い着物が見つかった、一度着てみて虜になった、さあ自分で着てみたい!

となった場合、着付けの仕方を習うしかないですよね。最近は、着物から小物一式まですべて用意してくれる着付け教室もあり、用意が無くても、例えば仕事帰りに教室に行くなんてことも出来ます。

着付けのお稽古教室が沢山ある中でも、無料で体験ができる教室を2つ紹介します。


※費用はどこまで無料か、必要なもの等は、個人でしっかり調べてからご利用ください。



・日本和装


2017年2月現在、TVCMで米倉涼子さんがイメージキャラクターを務めらいらっしゃいます。

全国で展開しています。少人数最大6人の教室、全6回コースです。

目標は15分でできる着付けを習得する事のようです。

しかも無料です。



・日本民族衣裳振興協会


こちらは着物を販売しているメーカーさんなどではなくて、着物文化の発展を目的として動いている協会主催の着付け教室です。

初心者コースは無料ですが、コンサルタント等資格を取る上級講座となると、料金が発生します。

勧誘が心配な方は、販売店やメーカー母体の教室より、こういった共済主催の教室だと安心かもしれませんね。



着物女子はモテへの扉!?



出典:girlydrop.com


着物を着ると、モテに対するいい事がいっぱいです。



・着物で動きが制約されることで、女性らしい動きになる

着物だと大股では歩けず、ちょこちょこと小股で歩かないといけません。

また、袖を気にしたり、帯で背筋が伸びたりします。

動きも機敏に動くのは難しいです。

よって自然と女性らしい、しなやかな動きになります。

小ぶりで、凛として、ゆっくりとした動きは、女性ならではですよね。



・着物や、髪を上げて見えるうなじ等、見た目のイメチェンも図れる

普段あまり見かけない着物を着こなせると、それだけで注目されます。

着物が着られるだけで、なんだか大人の上品な女性に見えるのも不思議ですよね。

また、着物を着る際は髪を上げるのが主体です。

その時に見える、うなじも男性にとっては堪らないんだとか。

人間は、資格情報が、外から入る情報の大部分を占めるといわれています。

見た目のインパクトから他より一歩リードできるのは美味しいのではないでしょうか。



なかなか、手が出しにくい「着物」ですが、最近はじわじわと、普段の生活に着物を取り入れるスタイルも確立されつつあるようです。

今年は着物女子になって、流行の一歩先を行きつつ、日本の女性の美しさを手に入れるという、一石二鳥な経験はいかがでしょうか。

Writer : 冴え子 さん
@好きなこと スキンケア/アロマ/ネイル/お酒/猫/食べること/温泉 自分の好きを、仕事にして生きていきたいなあ。 と思いながら奮闘している、おっちょこちょいです。 キビキビ活発的な、格好いいレディになるには まだまだ精進が必要ですトホホ。 頑張るぞ!

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking