目の錯覚を利用!印象がガラッと変わるメイク術♡

メイクで印象を変えてみたくない?アイライナーの入れ方や眉の描き方など、ちょっとした工夫であなたの印象はガラっと変わります!そのコツとは?今回は、目の錯覚を利用した魔法のメイク術を紹介します。

あれ?こんなに可愛かったっけ?と密かに思わせるメイクテクとは?



メイクで力を入れたいところは「目」と「眉」。

この目と眉の描き方次第で、今よりももっと可愛く、印象を変えることができます。

今回は、この2つのパーツにポイントをおいたメイク術を紹介します。


最大のポイントは、「目と眉の距離感」。

外国人女性を思い浮かべてもらうと分かりやすいのですが、この距離感が短いほど小顔効果、パッチリ目効果がアップするのです。


ここからは、パーツごとのメイク術を紹介していきます。



劇的に可愛くなるメイク術その①「パッチリ目を手に入れよう」!



目を今よりもパッチリ大きくみせるには、目の形を変えなければなりません。

そこで登場するのは、リキッドアイライナー。


ポイントは、横幅を長く見せること。

目尻側にポイントをおき、アイライナーで数ミリ長めに描き足します。

この時に、少しだけアイライナーをはね上げて描けば、魅惑的なキャットアイになりますよ♡


アイライナーは、目尻側以外は細めに引くのがコツです。

目の上のラインを太く引きすぎてしまうと、二重の幅が狭くみえて逆に目が小さくみえてしまうので、ナチュラルに引きましょう。


キャットラインを入れるなら、毛先が細く、繊細なタッチで描けるリキッドライナーがおすすめです。

横幅を長くすることで、目が大きくみえます。


美人系のつり目さんは、アイライン・アイシャドウの入れ方を工夫してタレ目にも変身できる♡



キリッとした美人顔も良いけど、子犬のように守ってあげたくなる可愛い雰囲気にも憧れますよね。

いつもクールにみられがちな人は、アイメイクで簡単にやさしい印象になります。


目のカーブに沿って自然な流れで下げ気味にアイライナーを数ミリ長めに引きます。

下まぶたの目尻1/3くらいにもアイシャドウを入れてぼかせば、可愛いタレ目メイクの完成です。


カラーアイシャドウもまぶたの上だけでなく、下にもやや幅広めにぼかし入れましょう。


劇的に可愛くなるメイク術その②「目を大きくみせるコツは眉毛にあり!」



目と眉の距離が長いと視線が拡散して、目が小さくみえてしまいます。

逆に目と眉の距離が短いと、視線が一つに集中するので、目が大きくみえます。

なので、目を大きくみせるコツは「目と眉の距離を短くみせる」ことです。


太眉のように目との距離が近く高さがないなだらかな眉、眉と目の距離が短い方が不思議と目が大きくみえます。


モデルさんや女優さん、可愛い女子は、眉が近い方が多いです。


そしてアーチ太眉!

眉を変えるだけで、目が大きくみえる、まさに視覚マジックです。


目と眉を近づけるためには、上に描きすぎず、眉下に書き足していきます。

パウダーアイブロウをつかって、まっすぐ角度はつけずに、自然に描いていきましょう。


目と眉は、印象を決める重要なパーツ。

ちょっとした工夫で、劇的に可愛くなれますよ♡



いかがでしたか?

アイラインやアイブロウの描き方一つで印象をガラリと変えることができるので、是非試してみてくださいね。

関連記事

Writer : コンソメ さん
美容と旅行好きの専業主婦です♪

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking