簡単お手軽♡今すぐ始められる「おかゆダイエット」の実力とは!

一食分の主食をご飯の代わりにお粥に変えるだけでグッとカロリーが抑えられる?ダイエットを成功させたい人に嬉しい情報です。今回はお粥ダイエットがオススメの理由と、上手な取り入れ方をご紹介します。

雑誌でも取り上げられてる!おかゆダイエットとは?



 

ダイエットは食べたいものを我慢し、炭水化物やたんぱく質を取らず、サラダのみを食べるのが効果的と考えている方が今もなお少なからずおられます。

しかし体のエネルギー源である炭水化物を抜いた状態で長期的なダイエットは難しいでしょう。

力が出なくなり、栄養バランスも崩れてしまいます。

食べたい米を我慢してストレスを感じ、リバウンドしてしまっては今までの努力も水の泡になってしまいますよね。

大切なのは栄養バランスの良い食事をしながら、長期的な目標で少しずつ痩せていくストレスフリーのダイエットです。


そこでおすすめなのが「おかゆダイエット」です。

3食通常通り食べているメニューの一食を白米の代わりにお粥にするというもの。

お粥のみを食べるという方法と、おかずはそのままにご飯一杯食べる代わりにお粥を食べる方法の両方があります。

前者は痩せやすい利点がありますが、空腹になりやすく、飽き易いこと、また栄養バランスが乱れるなどのデメリットもあります。


おかゆダイエットが痩せやすい理由は?




おかゆダイエットが成功しやすい理由のひとつに「満腹になりやすい」という点が挙げられます。

水分量を多く含むため、おなかがいっぱいになりやすく、食事量を減らすことができます。

水分を含んでいるため、お茶碗一杯の白米とお粥を比べると、30キロカロリーほど抑えることができます。

小さな数字に見えますが、毎日続けていくことで、数か月後には大きな変化を感じることができるでしょう!


またおかゆは消化のよい食べ物のため、胃腸に負担をかけません。

続けて食べることにより、腸内環境が整い、便秘解消や肌荒れの改善など嬉しい効果がみられるかもしれません。

特に夜に脂っこいものを食べると、消化にエネルギーが用いられるため、寝つきが悪く、胸焼けの原因になりますよね。

夜にあっさりしたものを食べることにより睡眠の質もアップすると言われています。


体の調子が整って行けば、便秘によるぽっこり下腹がすっきりしたり、代謝がアップして痩せやすい体になってきます。


おかゆダイエットを成功させるコツは?



 

まずは結果を急がず、「長期的な目標」を持ちましょう。

数日で驚くべき変化が得られると期待しすぎてはいけません。

しかし地道に続けることで、人によっては一週間で10キロ痩せたとか、3か月で30キロ近く痩せたと成果もあります!日本人はお米が大好きですので、お粥を主食として食べるのはさほど苦痛ではありません。

健康とダイエットの両方を叶えるために長く続けるようにしましょう。


またお粥はすぐに満腹になるという利点もある反面、多くが水分のため空腹になりやすいというデメリットもあります。

そこで食事をしてから活動時間が長い朝や昼ごはんではなく、夕ご飯にお粥を食べるようにしましょう。

夕ご飯は相対的にカロリーを摂り過ぎる傾向があります。

一方食べた後は寝るだけですので、カロリー消費はすくなくなります。


夕ご飯をお粥に変えることで、摂取カロリーを減らし、睡眠の質を良くすることができます。

おなかが空いたころには朝ご飯の時間ですので、空腹のストレスを感じることなく続けられるでしょう。

ダイエットに推奨されているお粥は「五分粥」。

お米と水を1:10の割合でいれます。主食をお粥にする場合は、他におかずがあるので味付けはさほどいりませんが、もしお粥のみで一食を賄うつもりでしたらトッピングも工夫が必要です。


 

ふりかけなどをトッピングするよりも、梅干しや昆布といった定番のトッピングの他、蒸した鶏肉、生姜やネギといった薬味、しらすなどの方がカロリーも抑えられ、栄養も豊富です。

工夫して飽きのこないお粥を作ってくださいね。



いかがでしたか?

白米をお粥にするだけでダイエットになるなら、気軽にダイエットに取り組めそうですよね♡

ダイエットは健康的にキレイに痩せてこそ意味があります。

栄養不足になりつつ痩せても魅力的ではありませんね。

その点お粥はダイエット効果はもちろん、肌や腸内環境、代謝などにも効果がある食べ物です!

食べて体内からキレイになりましょう。

あなたのダイエット成功を願っています。

Writer : moli さん
海外と日本を行き来する生活中の主婦です。海外旅行に行けば必ず現地のマッサージを体験します♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking