自律神経を整える!心が落ち着くクラシック名曲5選

忙しくて不規則な毎日を過ごしていると、自律神経も乱れてしまい、眠れなくなったり落ち着かなくなったり、イライラしやすくなってしまいます。今回は、自律神経を整える心が落ち着くクラシック名曲をまとめましたので、是非就寝前などに聴いてみて下さいね。

自律神経とは?



出典:jp.pinterest.com


自律神経とは、活発的になり緊張感を与える「交感神経」、リラックスしている時に働く「副交感神経」をまとめた事を言います。

この2つのバランスがとても大事で、本来ならば活動時間の日中は交感神経が働き、夜は副交感神経が優位になります。

しかし不規則で忙しい生活だと、自律神経が乱れて常に交感神経が優位になってしまい、眠れない・イライラする・心身共に疲れている…といった状態を抱えてしまうようになります。


逆に、副交感神経が常に優位でもちょっとした不注意が多く、交通事故も起こしやすくなってしまいます。

また活発的な気分になれないので、うつ病になる確率も上がってしまいます。


つまり、この交感神経・副交感神経のバランスを整える事が、自律神経を整える事に繋がってきます。

効果的な音楽を聴き、脳に刺激を与えて自律神経を整えましょう!


聞くだけで自律神経が整うCDブックがすごい!



出典:www.amazon.co.jp


自律神経の名医が開発したCDで、医学的根拠に基づいて作られたオリジナル音楽が収録されています。

規則性と変化を付けた音楽で、「過去と未来」を脳が連想させるように作られたそうです。

ただ、聞いてみると普通の音楽といった感じなので違和感なく聞き流す事が出来るのですが、口コミなどでもすごく効く・聞き続けると体調が良くなったなどの絶賛の声もあります!

夜眠れない時や集中出来ない時などにおすすめです。


YOUTUBEでも視聴が可能なので、試してみる価値はありそうです。

続ける事が大切ですよ。


モーツァルトの曲が効果的!



出典:jp.pinterest.com


自律神経を整えるクラシックとして最も有名なのが、モーツァルトの曲です。

医学的根拠もあり、人間の脳を刺激する高周波数の音・ヒーリング高効果を及ぼす周波数の音が多い、一定のフレーズが繰り返される、などがその理由となっています。

副交感神経を優位にする曲といえます。


モーツァルト ヴァイオリン・ソナタ ホ単調 第21番第1楽章



出典:jp.pinterest.com


綺麗なバイオリンの音色で静かに始まり、中盤くらいから盛り上がってきます。

盛り上がり、静かになりの繰り返しなので、自律神経に刺激を与えるような感じがします。

イライラを落ち着かせる効果が高いそうなので、心を落ち着かせて冷静になりたい時におすすめ。


モーツァルト 2台のピアノのためのソナタ



出典:jp.pinterest.com


明るく軽快なリズムの心地よいピアノの音色が続きます。

リラックスしながらも、さわやかですっきりした気分にしてくれるので、イライラする時や集中力がでない時におすすめ。


モーツァルト アイネ・クライネ・ナハトムジーク第1楽章



出典:jp.pinterest.com


誰もが1度は聞いた事があるのではないでしょうか?

クラシックの名曲です。

実際に脈を測って検証してみたところ、聞き終わった後は副交感神経が優位になっていたとの結果も出ています。

この曲自体は知っているけど、1曲ちゃんと聞いたことがある方は少ないのではないでしょうか?

聞いてみる価値ありそうですね。


モーツァルト トルコ行進曲



出典:jp.pinterest.com


こちらも、クラシックの名曲です。

聞いた事のある方がほとんどだと思います。

リズミカルに響くピアノの音色が心地良く、心を落ち着かせます。

耳に残りやすい音楽なので、就寝前などにもおすすめ。



いかがでしたでしょうか?

普段何気なく耳にしている音楽は、思った以上に脳に刺激を与えています。

是非、音楽の力を使って自律神経を整え、快適な毎日を送ってくださいね。

Writer : marino0111 さん
美容・健康オタクの専業主婦です♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking