【化粧崩れゼロ】マスクをしても落ちないメイクテクニック!

風邪が流行っている時期の風邪予防や、花粉症シーズンにマスクをつける女性は多いのではないでしょうか?マスクをすると鼻や口周りの化粧が落ちてしまい、いざマスクを取ろうと思ったときに焦りますよね。マスクを手放せない時期に覚えておくと便利なマスクをしても化粧崩れしないメイクテクニックをご紹介します!

マスクをするとメイクが落ちる!



マスクをする時に、気になる化粧崩れ。

どうせ崩れてしまうなら化粧をしなくてもいいかとノーメイクで外出してしまっている方もいるのではないでしょうか?


実はマスクをしている時のノーメイクは顔の出ている範囲が狭いので、メイクをしていない事が普段よりも目立ちやすくなってしまうんです!

化粧が崩れなければストレスなく外出でき、マスクを外すときにも安心です。


ファンデーションはリキッドを使う



マスクをしたときの化粧崩れ防止にはファンデーション選びが重要です!

リキッドファンデーションのほうが肌への密着力が高いのでおすすめです。厚塗りしてしまうと崩れやすくなるので、なるべく薄く塗るようにしましょう。


リキッドファンデーションの上からフェイスパウダーを使う時には、顔全体に付けると化粧崩れの原因になってしまうのでテカリが出やすい小鼻周りや崩れやすい目元、口元のみ軽く付けるようにするのがポイントです。


蒸れる部分の下地を変える



マスクの中は蒸れやすくなり、化粧崩れの原因になってしまいます。

蒸れる部分だけ下地を変えるとファンデーションが崩れにくくなるのでおすすめです。


美容成分や保湿成分の多く含まれた化粧崩れしにくい下地をマスクで覆われた部分に使用すると化粧崩れを防ぐことが出来ます。


チークはクリームチークをチョイス



濃いチークはマスクを外したときに色むらが目立ってしまいます。

クリームチークを薄く馴染ませ上からフェイスパウダーで軽く抑えると、崩れにくくマスクを外したときの色むらが気になりにくくなります!


チークはマスクのゴム部分に付き印象が悪くなってしまうことが多いのですが、クリームチークなら付きにくいので安心です。


リップはペンシルでマットに仕上げる



リップは常にマスクに密着しているので、グロスを塗ってしまうとベトベトしてマスクに付いてしまいます。リップペンシルならマスクに付きにくく、マスクを取った時にもしっかり唇に色が付いているので安心です。


リップペンシルは通常、唇の輪郭を描くときに使いますが、マスクをする時には内側もリップペンシルで埋めるようにしましょう。マットな質感でクールな印象の化粧崩れしにくいメイクに仕上がります。



いかがでしたでしょうか?

風邪が流行る冬や花粉が飛ぶ春には手放すことのできないマスク。この時期は化粧がすぐ崩れてしまうので外出が憂鬱になってしまいますよね。


ちょっとしたコツを抑えることで化粧崩れが怖くなくなります!

マスクを付ける時には試してみてくださいね☆

関連記事

Writer : astronaut さん
お酒とアウトドアが大好きな1児のママです!

おすすめ記事

関連記事

関連記事

Ranking