色に深みが出るグロス♡ローラも使っていた黒グロスで失敗しない方法

ファッションやメイクのトレンドリーダーとして欠かせない存在といえば、ローラさん♡次々に披露してくれる斬新なメイクやメイクアイテムは、流行に敏感な女性にとって参考になりますよね。そんなローラが愛用して話題沸騰となったのが「黒グロス」です。一塗りするだけでリップカラーに深みを加えてくれると大評判になった黒グロスは、魅力的な口元を演出してくれる優れものですが、一歩間違えるとおブスメイクになってしまうことも・・・。 そこで今回は、黒グロスをご紹介しながら失敗しないコツもご紹介していきますね♪

ローラ愛用「黒グロス」って、どんなもの?



出典:onlineshop.addiction-beauty.com


ローラ愛用と言われる「黒グロス」とは、「ADDICTION/アディクション」のリップグロスです。

「アディクション リップグロス ピュア」という名称のリップグロスは、全16色展開!

中でも「003 Dark Knightダークナイト」が黒グロスと言われ、モードなスモークに仕上げてくれるカラーです。


手持ちの口紅の上から重ね塗りをすることで、元のカラートーンを抑えてくれ、深みのある大人っぽい唇に魅せてくれると大好評のリップグロスは、その機能だけではなく、使い心地もバツグン!


コラーゲン・ヒアルロン酸・スクワラン・センチフォリアバラ花エキスといった保湿成分が配合されているので乾燥を防ぎ、潤いとツヤのある唇を演出してくれます。


 黒グロスなら、こんなに変われる!



出典:www.instagram.com


話題の黒グロスですが、いつものリップに重ね塗りするだけで一体どんなカラーにチェンジするのか見てみましょう。


こちらは、ローラ愛用「アディクション リップグロス ピュア」のカラーチェンジの様子です。


出典:www.instagram.com


黒グロスをプラスするだけで各カラーに深みが出ていますね。

鮮やかだったレッドは、こっくりとした深みが出て、オトナ女性のカラーにチェンジ♪


可愛い系ピンクは、すっかりピンク色が消えて煉瓦色のような深みが出ています。

ヌーディー系カラーは発色がアップして、ミルクティーベージュに!


こちらが「黒グロス」という名称で話題のリップグロスです。


出典:www.instagram.com


実際に唇に塗ると、カラーチェンジしてイメージがかなり違ってくるのがよく分かりますね。

清楚な唇が深みの入ったカラーになることでキリリと引き締まった印象になり、大人っぽさも演出できています。


黒グロスで失敗をしないためには?



出典:jp.pinterest.com


1本あると、多数のリップカラーが楽しめる黒グロスは魅力的ですが、何でもかんでも重ね付けするのはタブーです。下に塗るカラーによっては深みが出過ぎてしまい、普段のメイクに取り入れるにはキツすぎたりモード系になりすぎたりしてしまいます。

それでは、どんな使い方をすれば失敗がないのかコツをご紹介しましょう。



・重ねるリップカラー選びに注意する


出典:jp.pinterest.com


(ピンク系)

落ち着きのある清楚系を狙うなら、キュートなピンク系をチョイスしましょう。

カラーに程よい深みが加わるので子供っぽさが消え、抜け感のある大人っぽい唇になります。


(レッド系)

しっとりとした大人女性モードを狙うなら、レッドをチョイスしましょう。

品の良いモード系の仕上がりになり、クッキリした口元が演出できます。

大人女性のファッションに合わせたメイクを楽しみたいときにはレッド系に決まりです!


(ヌーディー系)

色味を抑えたヌーディー系に重ね付けすると、ぷっくりとした清楚可愛い唇を演出できます。

オフィスモードにもデートモードにも対応できるカラーです。


(オレンジ系)

ちょっぴりヌーディーなオレンジ系なら、深みが出過ぎないモカ系にチェンジしてくれるので、今期トレンドファッションカラーとも好相性です。



・あくまでも薄く重ねて塗る


いくらカラーチェンジが楽しめるからといって、塗りすぎは禁物です。

黒味が出過ぎてしまい、男性ウケの悪いメイクランキング入りになってしまうので注意しましょう。

あくまでも、薄く重ね付けするのが黒グロスの魅力を発揮できるコツです。



いかがでしたか。

豊富なカラーバリエが楽しめる黒グロス♪

ファッションや気分に合わせて使いこなせるよう、色々なカラーと合わせてオンリーワンカラーを見付けてみてくださいね♡

Writer : アスカ さん
色々なコスメを試すのが趣味です。 エイジングケアに力を入れています。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking