将来の肌年齢を若返らせる...☆そのサボり癖を今すぐSTOP!

美肌の保つための基本、スキンケアを毎日正しく行っていますか? 面倒くさいとサボってしまっている方、とりあえずやっているけど正しいのかどうかよく分からないという方、今はあまりスキンケアの効果を感じていないという方も、5年後10年後に後悔をしないために、スキンケアの重要さや正しいスキンケアの方法を見直してみませんか?

スキンケアの重要性



出典:jp.pinterest.com


年齢を重ねていくと共に肌は水分を失い、同時にハリや弾力も失っていきシワやたるみの原因となってしまいます。


出典:city.living.jp


また、水分を失い乾燥肌になることで肌のバリア機能が低下してしまい皮膚表面がざらついたドライスキンになり少しの刺激で肌荒れをおこしやすくなってしまうのです。

紫外線による刺激も受けやすくなり、シミやそばかすの原因にもなってしまいます。


出典:noevirgroup.jp


不足していく水分や油分などを補ったり、またその補う成分を肌にちゃんと届けるために、溜まった角質や汚れを取り除く。

スキンケアにはそういった重要な役割があります。


では、洗顔や化粧水などそれぞれのスキンケアの役割を確認していきましょう。


スキンケアの役割



出典:jp.pinterest.com


・クレンジング

メイクや日焼け止めなど油溶性の汚れを落とす役割があります。

メイクアップ商品の多くは、落ちにくいように油性剤が使用され、石けんや洗顔では落としにくいメイクを簡単に落とすのがクレンジングです。

オイル、クリーム、ジェルなどがあり、肌質やメイクの状況によって選べます。


・洗顔

汗や埃、皮脂などの水溶性の汚れを落とし、肌を清潔に保つ役割があります。

固形、ペースト、粉末、泡など色々な形状のものがあります。

中にはクレンジングを兼ねているものもあります。


・化粧水

皮膚を保湿して整える役割があります。

クレンジングや洗顔の後は汚れと一緒に保湿成分も落としてしまうことがあるので、洗顔後にすぐ行うのが理想です。

また、次に使う美容液などの浸透をよくする効果もあります。


・美容液

肌の調子を整え、肌が必要としている美容成分を届けることが役割となります。

保湿や美白など目的によっていろいろな成分の美容液があり、凝縮された高濃度の美容成分が配合されてものが多くあります。


・乳液

乳状で、肌の油分を補い肌を柔らかくする役割があります。

また、肌の水分を失わせないようにバリアする役目もあるとされています。


・クリーム

肌を保護し、不足している油分を補って肌を柔らかくする役割があります。

化粧水や乳液では補えない水分や油分、栄養分を与え、しっかりと閉じ込めてくれます。


スキンケアのポイント!



出典:jp.pinterest.com


・今の自分に合ったものを使用する。

友達や家族が使っているから、話題の商品だから、安かったから、など何となくの理由でスキンケア商品を選んでいませんか?

年齢や季節などで肌の状態はどんどん変化していきます。

また、スキンケア商品もエイジングや美白、敏感肌用など多くの種類があります。

何を使うか迷われている方は、化粧品のカウンターや皮膚科などでスキンチェックや相談をしてみるのもおすすめです。



・正しい順番で使用する

ひととおりスキンケア商品をそろえても、使用する順番が違っていては効果がありません。

基本的なスキンケアの流れはこちら。


クレンジング

洗顔

化粧水

美容液

乳液

クリーム


ブランド等でも多少の差はありますので、使用の際にキチンと確認をしましょう。



いかがでしたか?

面倒だとついついサボってしまいそうになるスキンケアですが、その重要性を理解して、10年後の理想の自分を目指して日々積み重ねていきましょう!

それでも“やっぱり面倒!”という方は、オールインワンのシンプルケアやエステという手もあります。

何よりも“続ける”ことが大切です!

Writer : choco さん
美容と料理が大好きなママです。 いくつになってもキレイでいれるよう日々努力中です!

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking