洋服ごとにメイクもチェンジ♪服の色とテイストに合わせたメイク方法を伝授!

忙しい朝、毎日同じ化粧になっていませんか?せっかくオシャレしても、メイクが同じだとイマイチ…なんて事はありませんか?服とメイクのバランスは一見難しそうですが、実は細かいことを考える必要はないんです!大事なのは、服の色とテイストです。この2点とメイクの関係を理解すれば、服装に合わせた化粧が簡単にできちゃいますよ♪

メイクと服の関係



コーディネートの基本は、バランスです。

どんなオシャレな服を着ていても、全体のバランスが悪ければ全然すてきに見えませんよね?

それと同時に、メイクと洋服のバランスもとても重要です。

服は毎日コーディネートするのに、メイクはいつも同じになっていませんか?


スッキリ大人っぽくコーディネートした服なのに、

まんまるチークでメイクだけ子供っぽくなっていませんか?

洋服に合わせてメイクを変えるのはオシャレ上級者になるには必須ですよ♪


メイクの色とバランス



ざっくり言うと、服のテイストと色でお化粧を変えるようにすれば、服とメイクがマッチするようになります。

色はメイクの色に、服のテイストは、メイクの手法につながります。


つまり、その日の服の色とテイストの組み合わせ次第で、するべきメイクが自然に決まってくるのです!

それでは、一体どのように色とテイストでメイクを変えればよいのでしょうか?




ひとことに色、と言っても多様で、いちいち考えるのは面倒くさそう…と思っていませんか?実は色については以下のポイントに気をつければ、とっても簡単!

服の色系統は大きく2つに分けられます。

それは、黒系と茶系です。

このふたつに分けて考えれば、ややこしいことは考えなくてOKです。


ちなみにどのように判断するかと言うと、黒系は黄色味のない色、茶系は黄色味のある色、というように覚えれば簡単です♪

まずは、その日の服のコーディネートのメインが何系か、考えてみましょう!

洋服の色を基本にメイクの色を合わせて選ぶと下記のようになりますので、迷ったら参考にしてください♪


黒系の服



黒系のコーディネートに合う色は以下です。

・黒

・グレー系

・紫系

・ブルー

・ピンク(黄味のないローズ系) など


茶系の服



茶系のコーディネートに合う色は、以下です。

・ブラウン

・コーラル系

・黄緑系

・ゴールド

・オレンジ系

・ピンク(黄味よりのベージュピンクなど) など


ちょっと例外・パステルカラー系



パステルカラーの服は、同じ色の系統でも明度の低い濃い色を使用するとメイクだけ浮いてしまいがちです。

淡い発色のパステルカラー系で、近い色味のものを使用するのがベストです。


テイスト



チークの塗り方や、アイラインの引き方、アイシャドウの付け方を少し変えるだけで、

同じ化粧品を使用していても全く雰囲気の違うメイクにすることができますよ♪


コンサバ系



オフィスなどでは定番のメイク方法です。

チークは頬骨から斜め方向で楕円にいれます。

アイメイクもダークカラーかアイラインでしっかり締めます。


口紅もきちんと付けるようにしましょう。

相手に不快感を与えない、ベーシックなメイクパターンです。


カジュアル系



ベースメイクもポイントメイクも自然に。

濃すぎるアイカラーや口紅はNGです。

頬骨の位置にチークを入れ、元気さを出しましょう。


かわいい系



チークは頬骨のあたり、もしくは少し低めの位置に丸く入れます。

アイカラーは濃くしすぎないようにして、

目の縦幅を大きく見せるよう黒目の上下に意識して締め色やマスカラをつけます。


かっこいい系



チークはダークな色を、シェーディングのように頬骨からこめかみに向かい縦にいれて、

シャープさを出します。

アイカラーもリップカラーもダークな色でしっかり引き締めます。



いかかでしたでしょうか?

いつも同じメイクになってしまう!という人は、その日のファッションの色とテイストに従ったメイクをすると、迷わずに毎日違うメイクができますよ♪

いつも同じメイクは卒業して、ファッションとTPOに合わせたメイクができるように、普段から意識してみませんか?

関連記事

Writer : グウ さん
コスメとファッションが大好き♪
2019Spring特集

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly