MyRecoトップ > ボディ・ヘルスケア > 寒くなるとお肌も冷えちゃう!肌冷えを防ぐポイント5選

寒くなるとお肌も冷えちゃう!肌冷えを防ぐポイント5選

冬は、いろんな楽しいイベントがあったり、おいしいものが食べられたり、いいこともいっぱいありますが、美の天敵である冷えに襲われる時期でもありますよね。日に日に寒さが増していくと、手足が冷えたり内臓が冷えてしまうことがあります。それだけではなくてやっぱりお肌が冷えちゃいますよね。でも寒さから逃げることはできないので、どうしたらいいんだろうと悩んでいませんか?肌冷えを対策する方法がいくつかあるんですよ♪今回は冬でも肌冷えを防ぐポイントを5つご紹介しますよ!

冬の肌トラブルは肌冷えからきていた!?


 

出典:jp.pinterest.com

 

肌冷えを防ぐポイントを知る前に、肌冷えが起きるとどんなデメリットがさらに引き起こされるのかも知っておくと良いでしょう。

体が冷えて血流が悪くなっていくと、様々な不調が表れやすくなります。

その結果、肌のターンオーバーの乱れが著しくなり、古い角質や汚れが、肌にたまってニキビができたり、シミやあざのようなものが増えます。

 

冷えによって血液が流れにくくなった血管は血管を広げようとするため、顔が赤くなったり、逆にクマが出来たりなど、さまざまな肌トラブルが起こります。

このようなことを考えると、どうしても肌冷えを防ぎたい!と思いますよね。

 

肌冷えを防ぐポイント5つ


 

出典:jp.pinterest.com

 

冬の寒さからは逃げられないけれども、肌冷えは防ぐことが出来ます。

ちょっとした習慣の違いから挑戦できる、いくつかの対策方法をご紹介します。

 

 

1ストレッチ

 

出典:jp.pinterest.com

 

ストレッチを行うと体全体の血行が促進されます。

筋トレなどの交感神経を刺激する運動は夕方までに、ストレッチは寝る前などに行うことで体をほぐし、肌が冷えることをあらかじめ避けることが出来ます。

就寝前に血行をよくしておくことで、次の日の朝の冷えを防ぐこともできます。

 

 

2ぬるめのお湯につかる

 

出典:jp.pinterest.com

 

冬は寒いのでお風呂につかることが一日の疲れをいやすための不可欠な習慣となっているでしょうか。

お湯が暑すぎても、体にはよくありません。

38-40度ほどの体温に近い温度のお湯にゆっくりつかることで、体の奥深くまで温めることが出来ます。

体が温まれば血流が良くなり肌冷えを防げます。

 

 

3足を高めにして寝る

 

出典:jp.pinterest.com

 

体が冷えて肌が冷えてしまうまでに、体には兆候が表れ始めます。

その一つがむくみです。体が冷えて血流が悪くなったせいで脚がむくんでいるな、と感じたら、夜は足を少し高めにして寝ましょう。

そうすることで寝ている間に、むくみを改善し血流を良くしておくことが出来ます。

 

 

4白湯を飲む

 

出典:jp.pinterest.com

 

紅茶やコーヒーを飲むと、血管が収縮し血流が悪くなるといわれています。

特に冷えやすい冬の時期に、そのようなドリンクばかり飲んでいると肌に良くありません。

一日のはじめや終わりには、一杯の白湯を飲むことをおすすめします。

白湯を飲めば体の中の内臓が温まり体全体が活発に動けるようになります。

血液もスムーズに流れるのでお肌への影響もなくなりますよ♪

 

 

5指先マッサージ            

 

出典:jp.pinterest.com

 

体が冷えてくる瞬間は分かりますか?

それが家ではない時、どうしたらいいのでしょうか。

そんなときはどこでもできる指先マッサージをしてみましょう。

体の先端、末端を軽く刺激することで血液の循環を良くすることが出来ますよ。

そうすれば自然と体温が上がり肌に冷えを防ぐことが出来ます。

 

 

いかがでしたか?

肌冷えを防ぐ方法はたくさんあります。

肌に悪影響が及ばないうちにしっかり対策をとっておきましょう。

普段の生活の中で少し意識するだけでも、肌の負担は少なくなりますよ。

 

寝る前にストレッチをしてみること、いつもより長めにお風呂に使ってみることなど、少しの違いで肌トラブルを極限まで減らすことが出来ます。

明日から自分のために肌冷え対策はじめませんか?

この記事をみんなに共有する

出典: jp.pinterest.com

あなたにオススメ

MyRecoトップ > ボディ・ヘルスケア > 寒くなるとお肌も冷えちゃう!肌冷えを防ぐポイント5選