まだタオルでゴシゴシこすってる?もちもちボディになれる手洗いのすすめ♡

ゆっくりとバスタイムを楽しんで、お気に入りのシャンプーで頭を洗って、大好きな洗顔料で顔を丁寧に洗って…。ちょっと待って!体を洗う時、タオルで強くゴシゴシとこすってはいませんか?それ、実はおすすめできない体の洗い方なのです。今回は、女性にこそ知っておいてほしいもちもちボディになれる手を使った体洗いとその効果について詳しくご紹介します。今日から、目指せもちもちなめらかボディ!

1.タオルでゴシゴシ…なんでダメ?



出典:weheartit.com


これからの寒い季節にこそ注意してほしいのが、タオルでゴシゴシと体を洗うこと。

これ、実は皮膚には刺激が強過ぎて悪影響なんだとか。

敏感肌、あるいは乾燥肌の方は、とくにおすすめできない体の洗い方なのです。


たとえば40度以上の温かいお湯で体を温めたあと、ナイロンタオルなどでゴシゴシと体を洗うと、肌のうるおいを保っていた皮脂なども汚れとともに奪われていってしまうのです。

それによって、肌が余計に乾燥したり、かえって皮膚が厚くなり硬いお肌になってしまったり…。

また、傷ついてしまった角質は元通りになるまでに2週間以上もかかるので、余計に敏感肌になってしまう場合もあります。


2.体は手で洗いましょう!



出典:weheartit.com


体を洗うときは、たっぷりの泡を手にとり、滑らすようにして洗うのがベスト。

温まった肌は皮膚が柔らかくなっているので、なるべく刺激を与えないようにするのがポイントです。


ボディタオルやナイロンタオルなどと違い、手で丁寧に洗うことで自分の体の変化に気がつきやすくなるのも手洗いのメリット。

肩こりがひどい日や、仕事でふくらはぎがパンパンに張ってしまった日などは、手洗いをしながらマッサージをしてあげてください。


また、ゴシゴシとタオルで体を洗うことによって、体臭がキツくなってしまうというデメリットもあるので、手洗いに変えることで、体臭を和らげることもできますよ。


もちろん、手なら必要な皮脂や角質を落とさずに体を洗うことが出来るので、冬の時季に気になる乾燥を防ぐことも出来ますよ。


3.洗い方のコツは?



出典:jp.pinterest.com


前述したとおり、たっぷりの泡で優しく丁寧に体を洗ってあげるのがベスト。

洗顔クリームを泡立てるネットを用いて、濃密な泡を作ってみてはいかがでしょうか。

100円均一などにも販売されていますので、ぜひ購入してみてくださいね。


また、背中などどうしても手の届かない部位は、柔らかなタオルでこすらないように洗ってあげましょう。

特に背中の中心部分の溝は、汚れが溜まりやすい上に泡も落ちにくく、お風呂から上がったあとも水滴が残りやすい部分ですので要チェックです。


どうしてもナイロンタオルで体を洗わないと洗った気にならない!という方は、タオルを使った体洗いを週に1回程度に留めましょう。



いかがでしたか?

習慣的にタオルで体を洗っているという方は要注意。

そのまま続けていたら、敏感肌や乾燥肌になっていく可能性大です。

既に手洗いで体を洗っているという方は、これからも肌を傷つけないように丁寧な体洗いを心がけてくださいね。

Writer : qo6263 さん
美容に関心があります。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking