年末の大掃除に使える!お家にあるものでできちゃう掃除のマル秘テクニック3選

気づけば年末。新たな年を気持ちよく迎えるために大掃除を行う家庭が多いかと思います。 いつも掃除しない場所を掃除するので、汚れがとてもたまっていますよね。 今回はお家にあるものを使った掃除のテクニックをご紹介します。 排水溝のヌメリ、コンロ回りの汚れ、サッシの汚れ・・・。 これらのような嫌な汚れをお家にあるもので落とせちゃいます。 そのテクニックを動画を使ってお教えします。 ぜひ大掃除の前にご一読くださいね。

排水溝のヌメリ、コンロの油汚れを落とすテクニック



出典:jp.pinterest.com


掃除で誰もが嫌なところ、キッチン回り。

水回りのヌメリや油汚れがひどいコンロ回りは誰もが頭を悩ませるところなのではないでしょうか。

今回は排水溝のヌメリ、コンロ回りの油汚れを落とすテクニックをご紹介します。

まずは以下の動画をご覧ください。




どちらも身近にある“アルミホイル”を使っています。

触りたくないヌメリや、頑固な汚れに悩まされてきたあなた、試してみる価値ありですよ♪

それでは各テクニックの方法をご紹介しますね。


●排水溝のヌメリを取るテクニック


【用意するもの】

・アルミホイル


【やり方】

①アルミホイルを丸めます。 

②排水溝に入れます。

③週間~一か月のスパンで取り換えましょう!


これだけ・・・?と思うと思いますが、これだけで排水溝のヌメリは取れてしまします。

排水溝にアルミホイルを入れることで、水とアルミホイルが化学反応を起こし金属イオンを形成します。

金属イオンが菌の増殖を防ぐという仕組みなんです!

ポイントはアルミホイルを丸めるときにぎゅうぎゅうに丸めるのではなく、ふわっと丸めることです♪



●コンロの油汚れを落とすテクニック


【用意するもの】

・アルミホイル

・クレンザー


【やり方】

①コンロを取り出し流しに置きます。

②アルミホイルを丸めます。

③クレンザーを使いアルミホイルでこするようにして汚れを落としていきます。


アルミホイルを丸めて使うことで、研磨剤の役割を果たします。

そうすることで頑固な油汚れも落ちるという仕組みになっています。


サッシの掃除テクニック



出典:jp.pinterest.com


汚れがたまりやすい場所、サッシ。

毎回雑巾で拭いても雑巾が真っ黒になるだけでなかなか汚れが落ちない、雑巾を洗う手間がめんどくさいですよね。

そんな方は以下の動画をご覧ください。



ここでのテクニックは“新聞紙”を使うこと。

家にある新聞紙を使うと汚れが簡単に落ちるのです!

雑巾のように洗う手間もなく使い終えたら捨てるだけなので後処理も楽ですね!


【用意するもの】

・新聞紙

・水を張ったボール


【やり方】

①新聞紙を軽く丸め、水をつけて軽く濡らします。

②汚れている窓のサッシ部分を拭きます。

3.乾いた新聞紙でサッシ部分を乾拭きします。


以上の3校庭のみであっという間にきれいになれちゃいます!


ブラインドをきれいにするテクニック



出典:jp.pinterest.com


静電気でほこりがたまりやすいブラインド。

ブラインド掃除には静電気の発生を抑えるあのアイテムが役に立つんです。

詳しくは以下の動画をご覧ください。




そう、静電気の発生を抑えるアイテムは“お酢”。

正確に言えばお酢の中に含まれているクエン酸です。

それではやり方をご紹介しますね♪


【用意するもの】

・水 400cc

・お酢 100cc

・使い古した靴下


【やり方】

①水とお酢を混ぜ合わせます。

②手に靴下をはめます。

③水をお酢を混ぜ合わせたものを靴下につけ、よく絞ります。

④ブラインドをなでるようにして拭いていきます。


これで静電気の発生が抑えられるので、キレイになるだけでなくほこりがつきにくくなりますよ!



いかがでしたでしょうか?

年末の大掃除は大変ですが、このように身近にあるもので簡単にできちゃう工程もあるのです。

楽するところは楽をして、楽しくお掃除をしちゃいましょう♪

Writer : aprinzel さん
美容系の情報収集が好きな20代女子。イエベ秋。 皆様のお役に立てるような情報を提供できるように頑張ります!

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking