ギャップ萌えは作れる!男に効くギャップ活用法3選

普段出していない部分を出したり、言動を少し変えるだけでていくだけでギャップに繋がったりもします。 効率的にギャップ萌えを狙って、好きな人を落としちゃいましょう!

だれもが一度は聞いた事があるであろう「ギャップ萌え」という言葉。


日頃から触れる言葉だけに、その破壊力もすごい……?!とはいえギャップなんてそうそう作れるものではないのでは?と思っている方も多いかもしれませが、そんなことはないんです!


普段出していない部分を出したり、言動を少し変えるだけでていくだけでギャップに繋がったりもします。

効率的にギャップ萌えを狙って、好きな人を落としちゃいましょう!


8db460a4e0242e127cdf1f5b1ae856c0_s


■ 2人のときに違う一面を見せる



みんなの前では大人しいけれど、二人になったらよく話す……こんなに面白い子だったんだ!とか、心を開いてくれているのかな、などと思わせてのギャップ萌えを狙うことができます。


逆も然りで、二人になったら物静かでドキドキさせちゃう!なんてのもアリ。


ここで気をつけるべき点は、「無口になった、つまらないのかな?」とは思われないようにすること!

しっかりと相手の話を聞いて、鋭くツッコむことが大事です。


%e7%b9%a7%ef%bd%ad%e7%b9%a7%e5%90%b6%ce%b5%e7%b9%9d%e3%83%bb%e3%83%b5%e7%b9%a7%e5%a4%8a%e9%85%94%e7%b8%ba%e5%8c%bb%e3%83%bb%e8%8f%b4%e6%87%8a%ef%bd%8c%e7%b9%a7%e5%85%b7%ef%bd%bc%e2%88%ab%e5%a1%99


■ しっかり?ぬけてる?



みんなの前ではしっかりしているけれど、実はぬけているところもある!よくある話ですが、一番無理がないギャップですね。


飲み会なんかでは幹事を勤めるけれど、実は方向音痴で人に緒らないと辿り着けない、とか。

日常生活に支障のない範囲でぬけているとこんな一面もあるんだ、力になってあげたい!と思わせられます。


ずっとぬけ続けていれば一緒にいて疲れちゃうし、ずっとしっかりしていれば自分は必要ないし。

男性の心をくすぐるのが、このギャップ萌えだということです。


■ 見た目と反対の性格



%e7%b9%a7%ef%bd%ad%e7%b9%a7%e5%90%b6%ce%b5%e7%b9%9d%e3%83%bb%e3%83%b5%e7%b9%a7%e5%a4%8a%e9%85%94%e7%b8%ba%e5%8c%bb%e3%83%bb%e8%8f%b4%e6%87%8a%ef%bd%8c%e7%b9%a7%e5%85%b7%ef%bd%bc%e2%88%ab%e5%a1%99


巻き髪、ふわっとしたスカート、ピンク系の小物、ガーリーなのに実は中身はボーイッシュ!とか、ひっつめ髪やショートカットでパンツスタイルが多いけど、本当は寂しがり屋で誰かがいないとダメ!とか、ギャルっぽいけれど本当は全然遊んでいなくてすっごく真面目……などなど見た目と裏腹な性格でも人はときめきます。


人になにがギャップとして映るかを知るために、日頃から、自身がどのように見られているかを考えておくのも効果的ですね。



客観的に自分を見る!


ギャップを狙い過ぎるあまり、不自然になってしまっては意味がありません。

前述したように、自分がどういうふうに人から見られているのかを改めて見つめなおすといいと思います。

その上で、人には知られていないけれどこういう特技がある、こういう特徴がある、というのも改めて考えるきっかけになりそうですね。

それを、彼だけに見せること。

「自分だけが知っている」という優越感を与えて、惚れてもらいましょう!


(愛カツ編集部)


presented by愛カツ (https://aikatu.jp
 

関連記事

・彼に「ホントかわいい!」って言われるためには、どうしたらいい!?

・男女ともに憧れちゃう!激モテの“カッコイイ女性”はどんな人?

・「ホントにかわいい彼女だ」と言われるために必要なこと!

・大好きな彼は「ギャップ」で落とす!?彼をギャップ萌えさせる方法

・アラサーを過ぎても「かわいい」と言われたい!オトナのかわいいを身につけるコツ

(PR)
いかがでしたでしょうか。

みなさんそれぞれ悩みがあると思います。
一人で抱え込まずに、相談することで悩みが軽くなることもありますよね。
友達や家族への相談が難しい場合は、専門家の人に相談してみてはいかがでしょうか。


トークCAREはLINEが提供するサービスなので、LINEで簡単に利用ができます。
Writer : 愛カツ 編集部

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking