キャットライン復活!最新アイメイクコスメ事情

メイクの中でも特に重要視されるのが「目」、アイメイクです。 女性たちが最も時間をかけてメイクするポイントでもありますよね。 また目は口ほどにものを言うという言葉があるように、私たちはその目に映る事柄から多くのことを判断する傾向にあるのだとか。そこで今回は、そんなアイメイクを自分なりに表現するアイテム「アイメイクコスメ」について特集したいと思います。あの「キャットライン」も復活したということで、そちらの情報も含め、たっぷりと紹介していきますよ。気になる方はぜひメモのご用意を!

キャットラインって何?



出典:weheartit.com


キャットラインとは、すっきりとしたクールな目元を演出してくれるアイラインの引き方のことを指します。

一時は可愛らしい印象を持つ「たれ目」のラインに押され気味でしたが、近年再び復活を果たした模様。

特に大人っぽく見せたい女性たちからの支持率が高いのだとか。


キャットラインの基本的な引き方としましては、感覚として猫の目を意識し、アイラインの最後の部分、目尻をピュッと跳ね上げることでで完成します。

アイラインを太めに引くことでキャットラインらしさが生まれることでしょう。

また使うアイライナーはペンシルタイプのものではなくリキッドタイプのものを使うと綺麗に描けますよ!


どこか小悪魔的な要素を秘めたキャットライン。

可愛らしいたれ目ラインと上手に使い分けることであなたの印象を思いのままに。

気分によってアイラインの引き方を変えてみてもまたメイクの楽しさが増すようで楽しいですよ。


キャットラインにまだ挑戦したことがないという方もぜひこの機会にチャレンジしてみてください。

お洒落の幅が広がります!


人気アイメイクコスメ~アイシャドウ編~



出典:www.instagram.com


アイメイクにおけるアイシャドウの役割、それは目元を輝かせたり、その時々のトレンドを感じることの出来る場所。つまりアイメイクにとっては、アイラインほど派手ではありませんが、とても重要であるといったところでしょうか。そんなアイシャドウの中から話題の3つをご紹介しましょう。



インテグレート「ハートメルティアイズ」 1200円


手頃な価格設定と異なる2色のアイシャドウが使いやすい、何個も欲しくなる商品です。

その見た目の可愛さも人気の秘密♡



ディオール「ディオールショウ・モノ」 3600円


口コミからの人気です。

とても発色の良い色合いと好評で、決して安くはないものの、価格に見合った満足度で注目されているアイシャドウです。

カラーは全部で24種類。



アディクション「ザ・アイシャドウ」 2000円


カラーバリエーションが何と全部で99種類。

自分の好みに合ったカラーを探し出すのも楽しいアイシャドウです。


人気アイメイクコスメ~アイライナー編~



出典:jp.pinterest.com


アイメイクコスメの花形、アイライナー。

そんなアイライナーの中から話題の3つをご紹介します。



インテグレート「スナイプジェルライナー」 950円


低価格設定が人気のインテグレート。

このジェルライナーは長時間美しさを保ってくれることはもちろんのこと、その書きやすさにも注目されています。

特に細やかな部分の描きやすさには定評があります。



メイべリン「ニューヨークEVラスティングジェルライナー」 1200円


見た目の可愛さと共に、にじみにくさにも定評があります。

また落ちにくいという点においても好評ですよ。



ケイト「シャープロックジェルペンシル」 1200円


細かなラインの描きやすさと油に強いという強みをもっているアイライナーです。

汗っかきの方にもオススメしたい1本ですね。



いかがでしたか?

薄化粧と言われる現代ですが、メイクをする楽しさを忘れたというわけではないようです。

たしかにメイクをするということは、お金も時間もかかります。

しかし女性が美を意識するということはいつの時代においても大切で、素敵なこと。

キャットラインのようにまた新たな注目が生まれる限り、メイク界の未来はまだまだ明るいのではないでしょうか。


そして忘れてはいけないこと、それはメイクをした後は、きちんと落としてから寝るということです。

このクレンジングをするという単純な行為もお肌の未来を大切にする大事な習慣。

ですからメイクを楽しんだ後は、綺麗に顔を洗ってから眠りましょう。

疲れてそのままバタンキューはなしですよ!


それでは今回はこの辺で。

Writer : *みか* さん
美容と音楽と食べることが大好きなライターです。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking