古くなった化粧水はこう使える!化粧水のいろいろな利用法♪

ある日、引き出しを整理していたら…「あれ!?この化粧水いつのだっけ?」 使いかけの古くなった化粧水や試供品をもらったけど使わなかった化粧水を発見!!なんてことありまあせんか?もったいないからといって古くなった化粧水を顔に使うのはちょっと待った!! 肌トラブルを引き起こす場合もあるので、使用期限を過ぎた化粧水を顔に使うのは避けたほうがベターです。

化粧水の使用期限って?



出典:nhk.world

 

薬事法第61条の観点からいうと、使用期限は未開封の物で製造から3年と言われています。

ですが、化粧水自体に製造年月日を記載する義務がないので、製造年月日が表記されているものは稀です。

購入したしたとき製造から何年経っているかわからないケースがほとんどですし、保管場所によっても品質が左右されますので、購入してから1年以内には使って頂くことをお勧めします。


開封後は、菌が繁殖しやすいで2~3ヶ月の間には使い切ってくださいね。


でも捨てるのはもったいない…



出典:kabegami.org

 

そんな方のために、古くなった化粧水のお勧めの使い方を2つ教えちゃいます!!


1.アルコールが入っている化粧水の場合


アルコールが入っている化粧水は、お掃除に使っちゃいましょう!!


化粧水に入っている、アルコールの力で汚れが落ちるのです。

霧吹きボトルに入れて扇風機の羽の汚れやトイレの便座にシュシュっと吹きかけ、そのあとの乾いた布などでふき取ります。


香料が入っているものですと、ほんのり化粧水の良い香りがしますよ♪


2.とろみがある化粧水の場合


出典:www.glitty.jp

 

化粧水には、ヘアウォーターにも入っているグリセリンなどの保湿成分が入っていますので、髪を優しく潤し、保護してくれますよ。

化粧水の成分によっては髪がベタッと重たい感じになってしまう事もあるので、その場合は水で薄めくださいね。

ただし、水で薄めると菌が繁殖しやすくなるので、小分けのボトルに入れ一日で使い切ってください。


まだ、使えるけど…



化粧水の使用感が好みじゃなかったり、飽きてしまってもう使わなくなってしまう時もありますよね。

そんな時は、一工夫してボディケアに使っちゃいましょう♪


1.簡単☆即席かかとパック

 

キッチンペーパーに化粧水をひたひたにつけて、かかとにペタリ☆簡単パックの完成です!!

不要なビニールに足を入れれば、床も汚れませんしパック効果も上がります。

「今日はたくさん歩いて足が疲れたな」なんて日は、足の裏がひんやりして気持ちいいですよ♪


2.サラサラ☆パウダーローション


とろみがある化粧水は、ベビーパウダーと混ぜて使うと即席パウダーローションの完成です♪

とろみのある化粧水と混ぜることにより、ボディに塗るとき、パウダーの飛び散りを防止してくれます。

「体の保湿をしたいけど、べたつくのは嫌!」そんなわがままな願いをかなえてくれる、このローション!!

サラサラしっとりの使用感はくせになりますよ♡


以前使用していた化粧水が、顔に合わなかったからボディに使用したいというときは、必ずパッチテストしてから使用してくださいね☆



いかがでしたか?

実はいろいろな使い方ができる化粧水☆

是非、お試しくださいね♪

Writer : ちゃてぃ さん
元美容部員です☆ とにかくオシャレと美容が大好き!!よろしくお願いします(≧∇≦)

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking