はちみつより優秀と噂♡メープルシロップは美容と健康に効果あり!?

「ダイエットや美容食として、はちみつやメープルシロップの名前があがるけど、そもそも違いがよくわからない!」と思っている方も多いのではないでしょうか。 はちみつとメープルシロップでは原料から違う別ものです。 日本では、ホットケーキの上にかける甘味としてよく使用されるメープルシロップですが、実はこのシロップがスーパーフードとして注目を浴びはじめているのです!

メープルシロップとはちみつの違い



出典:jp.pinterest.com


はちみつは、ミツバチが運んできた花の蜜の水分を蒸発させて濃縮したものでブドウ糖。

メープルシロップは、北米原産のサトウカエデの木の樹液を採取して煮詰めたものでショ糖です。


栄養素の面でいうと、100g中に含まれるカリウムが、はちみつが13mgでメープルシロップは230mg。

カルシウムは、はちみつが2mgで メープルシロップは75mgと、メープルシロップには多くのミネラルが含まれています。


カロリー面でいうと、はちみつのカロリーは100gあたり294kcal、メープルシロップのカロリーは100gあたり257kcalとメープルシロップの方がやや低カロリーです。


はちみつには強い抗菌力があるので賞味期限を気にせず常温で保管できますが、メープルシロップは封を開けたら冷蔵保存が必要となります。

封を開けなければ製造日からガラス容器で2年、プラスチック容器で3年の賞味期限となり、はちみつとは保管の仕方が違いますので注意が必要です。


メープルシロップの栄養価



出典:jp.pinterest.com


メープルシロップにはポリフェノールが豊富に含まれています。

ポリフェノールと言えば強い抗酸化作用があり、身体の“錆び”を防ぐ、つまりアンチエイジング効果が期待できることは皆さんもうご存知かと思います。


メープルシロップには、カテキンやアントシアニン、レスベラトロールなど、約54種類ものポリフェノールが含まれると言われ、メープルシロップに含まれるポリフェノールには、炭水化物が糖質に変換される際に関わる酵素を阻害するとされています。

つまり身体の酸化だけでなく、糖化も防いでくれるということなのです。

糖化は、進むとたるみやシワの原因となり肌の老化させ、さらに進むと血管の弾力が失われて病気につながるともされています!

酸化と糖化を同時に防止してくれるメープルシロップは、身体や肌のアンチエイジングに必要な食品と言えるでしょう!


また、メープルシロップには骨の生成に必要なカルシウムやマグネシウム、代謝に必要な亜鉛、身体の水分バランスを保つカリウムといったミネラルを豊富に含み、エネルギーの代謝に関わるビタミンB群も含むまさにスーパーフード。

血糖値の急激な上昇を抑える低GI食品でもありますので、ダイエット中の甘味代わりとして、ヨーグルトやコーヒーに混ぜて食べるのもおすすめです。


メープルシロップの選び方



出典:jp.pinterest.com


メープルシロップはカナダのシュガーブッシュ、サトウカエデの樹液を採取して煮詰めてできます。

カナダの国旗にメープルの葉が使われているように、メープルはカナダのシンボルともされています。

樹液が採れる地域は限られており、カナダのケベック州ではメープルシロップの世界総生産の80%を生産しています。


メープルシロップは、樹液の採取時期や煮詰める工程で、風味や味、透明度に差があり、特に透明度の高いものが高級品とされています。


透明度 75%以上→エキストラライト(2017年より ゴールデン)

透明度60.5%以上→ライト(2017年より アンバー)

透明度 44%以上→ミディアム(2017年より 一部がアンバー、一部がダーク)

透明度 27%以上→アンバー(2017年より ダーク)

透明度 27%以下→ベリーダーク(2017年より 一部がダーク、一部がそのままベリーダーク)

(※2017年より呼び名が変更されます)


透明度が一番高いエキストラライトが最も高級なメープルシロップとなり、雪解け後に真っ先に採取された樹液で作られたものです。

採取時期が遅くなるごとに透明度は下がり、独特の風味となっていきますが、栄養面では透明度の低いアンバーが一番ミネラルを多く含んでおり、脂肪分も低いとされています。


カナダではこれを3つのグレードに分けてNo.1~No.3の数字で表しています。

No.1→エキストラライト、ライト、ミディアム

No.2→アンバー

No.3→ベリーダーク


現在、日本に出まわっているのはミディアムのグレードのものが多いと言われています。

カナダ旅行のお土産などでメープルシロップを購入する際に種類も豊富で迷ってしまいそうですが、価格的な面でもミディアムを選ぶ方が多いようです。


メープルシロップを購入の際には必ず裏面などのラベルを確認しましょう。

名称:メープルシロップ

原材料:サトウカエデ樹液 または メープルシロップ

原産国:カナダ


本物のメープルシロップには上記のような記載があります。

スーパーなどで“メープル風味”や“ケーキシロップ”などがメープルシロップと勘違いされがちですが、これらは人工甘味料でメープルシロップとは別ものになります。



いかがでしたか?

メープルシロップの美容効果や魅力を知ったら、すぐにでもキッチンに1本置いておきたくなりますよね!

購入の際の選び方や保存方法など、上記を参考にしてさっそく取り入れてみてくださいね!

関連記事

Writer : choco さん
美容と料理が大好きなママです。 いくつになってもキレイでいれるよう日々努力中です!
2019Spring特集

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly